【詳細】他の写真はこちら

VAMPSが贈るロック&ホラーなハロウィン・ライヴイベント『HALLOWEEN PARTY 2017』が、10月27日・28日・29日の3日間、幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにて開催された。

【10月29日(日)】

ついに最終日を迎えた『HALLOWEEN PARTY 2017』。もちろんこの日もトップバッターはBREAKERZだ。

DAIGOは坂田銀時、AKIHIDEは神楽、SHINPEIは新八と、人気コミック『銀魂』の仮装で登場した3人。ステージで突如、X JAPAN「紅」のドラムソロを叩き始めたにゃんごすたーを退治する寸劇からライヴがスタート。初日、2日目に続き、この日もDAIGOが神と崇めるHYDEをモデルにした新曲「GOD」を披露するなど、観客の心をがっちりとつかむそのエンターテイナーぶりに、『HALLOWEEN PARTY』きっての盛り上げ隊長バンドの底力とプライドが光る。

カラス天狗(逹瑯)、セーラームーンのセーラーマーキュリー(YUKKE)、ゾンビNARUTO(ミヤ)、自身のキャラクター“いぬち”(SATOち)に扮したMUCCは、ステージに登場した途端、ヘヴィなバラード「フリージア」を投下。最後に「蘭鋳」を披露し、迫力の歌と演奏で観客を魅了。そしてバックステージに戻る直前、ライヴ中にメイクアップ(変身)を果たしたセーラーマーキュリーYUKKEのミニスカを、いぬちSATOちがズリおろし、白パンツが丸見えになる事態が発生。シリアスな演奏とのギャップに、会場は大爆笑だ。

ニコニコ生放送によるバックステージでのアーティストインタビューに加え、最終日も幕間のスペシャルライヴが開催された。この日は青木隆治が中島美嘉やHYDE、中居正広の見事なモノマネライヴを披露し、場内を盛り上げる。

HYDE作曲による「GLAMOROUS SKY」をエモーショナルに歌いあげ、場内から大歓声があがった中島美嘉は、人気コミック『イノサン』の女処刑人、マリー=ジョセフ・サンソンの出で立ちで登場。MCでは、そうそうたる出演メンツに恐縮しつつ、歌うときは片手に持ったステッキを振り回し、「雪の華」などを全身全霊で熱唱する。最後にポップな新曲「AorB」を披露し、イベントに華を添えた。

毎回奇想天外な仮装と演出に度肝を抜かれるゴールデンボンバーは、「ネタ切れです。ついに何も着ないでやったぜ!」と、全員が彫刻や銅像になって登場。樽美酒研二が“考える人”、喜矢武豊は股間から水が噴き出す“小便小僧”、歌広場淳は“モアイ像”、鬼龍院翔は“ダヴィデ像”だ。「抱きしめてシュヴァルツ」では、喜矢武の股間から噴き出す水に群がる観光客。その中にはギズモに扮した柩(GREMLINS / NIGHTMARE)の姿も。新曲「やんややんやNight 〜踊ろよ※※〜」を千葉ver.で披露するなど、しっかり歌を聴かせつつ、キテレツな発想と演出で今回も観客を大いに楽しませた。

最終日のVAMPSは、妖怪たちを従え、会場内をねり歩く百鬼夜行で登場。JINがろくろ首、ARIMATSUが赤鬼、Ju-kenがカラス天狗、K.A.Zが妖狐、白い垂れ布の傘をつけたHYDEは雪女だ。その美しい姿がスクリーンに映ると、3日間で最も大きな歓声とどよめきが場内にこだまする。観客のスマホの光だけが輝く中、「VAMPIRE’S LOVE」を歌いあげた雪女HYDEは、一度その場に倒れたかと思うとそのまま高く吊り上げられ、白い垂れ布をなびかせて観客の頭上から「DAMNED」を熱唱。怒涛のような演奏に導かれ大量の吹雪が舞う中、鬼気迫る圧倒的な歌声を響かせる雪女HYDE。その姿は、もはやこの世のものとは思えない妖しい美しさを放つ。

ドイツやインドネシア、カナダ、チリなど、世界中から集まった観客たちの仮装を、MCのやまだひさしがチェックするコーナーのあとは、3日間の最後を飾るスペシャルな饗宴……YOSHIKI×HYDEのコラボだ。YOSHIKIが奏でるピアノとともにHYDEがL’Arc〜en〜Ciel「叙情詩」の一節を歌い出した途端、悲鳴のような歓声が場内に響き渡る。演奏が終わると、「本当に来てくれました」と感謝するHYDEと自らのスマホで2ショットを撮るYOSHIKI。彼の仮装は映画『ブレードランナー』の女レプリカント、プリスだ。

ふたりでランウェイを歩きながら、「どう? 体調は?」とYOSHIKIがたずねると、「あなたですよそれは。みんな心配してますよ。本当に来てくれるなんて」とHYDE。その言葉に「HYDEのためであれば」と微笑みながらまた言葉を返すYOSHIKI。ふたりの仲の良さがわかるトークのあとは、「まさかHYDEがこの曲を歌ってくれるとはね。涙が出るよ」というYOSHIKIのMCを合図に、X JAPANの「ENDLESS RAIN」がスタート。演奏するYOSHIKIの隣にHYDEが座り、歌う。観客の歌声も響く美しい時間が流れ、演奏を終えたふたりはハグを交わす。

そんなふたりの元に、この日の全出演者が再登場。「歌ってて夢心地でした。感動しながら歌ってた」というHYDEの言葉に、「弾いてる僕も夢心地でした」とYOSHIKI。すると「これは完全にKGT…神々の集いだな、地球じゃないんじゃないかな」とDAIGO。確かに台風の影響で大雨に見舞われたこの日、「ENDLESS RAIN」を歌い終わる頃には雨が上がるという奇跡が起きたのだった。

最後は、Shinyaのドラム、JINのキーボード、K.A.ZとAKIHIDE、SHINPEIがギター、明希がベースを奏でるHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの演奏をバックに、出演者全員が観客にお菓子を配り歩く。そこにはキョンシーになった咲良菜緒(チームしゃちほこ)の姿も。金爆のメンバーが場内を全力疾走する傍ら、想定外の場所までお菓子を配り歩く優しいYOSHIKI。自由気ままなゴーストたちの宴は、総勢4万5千人の観客の心に幸せな余韻を残して、3日間の饗宴は幕を閉じた。

TEXT BY 早川加奈子

PHOTO BY 今元秀明、緒車寿一、田中和子、笠井銑衣智

<セットリスト>

■BREAKERZ

M1:WE GO

M2:GREAT AMBITIOUS

M3:GOD

M4:灼熱

■MUCC

M1:フリージア

M2:ファズ

M3:KILLEЯ

M4:ハイデ

M5:蘭鋳

■中島美嘉

M1:GLAMOROUS SKY

M2:雪の華

M3:BLOOD

M4:AorB

■ゴールデンボンバー

M1:#CDが売れないこんな世の中じゃ

M2:抱きしめてシュヴァルツ

M3:やんややんやNight 〜踊ろよ千葉〜

M4:欲望の歌

M5:†ザ・V系っぽい曲†

M6:女々しくて

■VAMPS

M1:HALLOWEEN PARTY-妖怪Ver.-

M2:EVIL

M3:CALLING

M4:BLEED FOR ME

M5:DEVIL SIDE

M6:B.Y.O.B.

M7:VAMPIRE’S LOVE

M8:DAMNED

■YOSHIKI×HYDE(Special Guest)

M1:叙情詩

M2:ENDLESS RAIN

■HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA

M1:HALLOWEEN PARTY

<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>

青木隆治 / 明希(シド)/ VAMPS / ゴールデンボンバー /咲良菜緒(チームしゃちほこ)/ Shinya(DIR EN GREY / SERAPH) / MUCC/中島美嘉 /柩 (GREMLINS / NIGHTMARE)/ BREAKERZ / 分島花音 / YOSHIKI

HALLOWEEN PARTY 2017 特設サイト

http://hwp2017.vampsxxx.com/