犬が心を許した時に見せるサイン

犬には自分が心を許していない人には決して見せない、「あなたのことを信頼していますよ」「あなたに心を許していますよ」という意味を持つサインがあります。飼い主ならば、ぜひこの姿を日頃から見ておきたいものですね。

では、その犬が心を許した時に見せるサインには、どのような行動や仕草が当てはまるのでしょうか。皆さんも自分の愛犬が見せたことのある姿かどうかを思い返してみてください。

ゞ銚けになる

まずはお腹を出すように仰向けになるという仕草が挙げられます。お腹というのは犬の体の部分の中でも特に柔らかい場所であり、そこを襲われたらひとたまりもない、という弱点でもあります。

したがって相手に対して見せると襲われるかもしれないため、「危ない」という野性時代からの防衛本能が働きますので、知らない相手や敵として認識している相手には見せることがないのです。

もしも飼い主さんの目の前でお腹を出すようにごろんと頻繁に横になるというのであれば、飼い主さんに対して絶対の信頼感と安心感を抱いている証なのです。

顔を鼻でちょんと当ててくる

「愛犬が私の顔を頭や鼻で軽くツンツンと突き上げるように触れてくる」という経験はありませんか?これも愛犬が飼い主さんに対して心を許した時に見せるサインの1つです。

相手の顔を頭や鼻でちょんと突く行為というのは、「あなたのことを信頼していますよ」「あなたは私のリーダーです」という意味があります。つまり、信頼している、心を許しているという意味以外にも、しっかりリーダーとして認めていることも意味しているのです。

これは飼い主さんがしっかりとしつけをしており、正しい上下関係ができていることを表しています。正しいしつけをすることで、犬は飼い主のことをリーダーとして信頼するようになるので、ただ可愛がるだけでなく、しつけをするということはお互いの関係を深めるためにも必要です。

尻尾をゆっくり振る

尻尾というのは犬の気持ちを表すパラメーターとも言われています。もしもこちらを見つめながら尻尾をゆっくりと左右に振っているのであれば、あなたの姿を確認し、安心していることを意味しています。

また、このゆっくり左右に尻尾を振るという行為には、「今、機嫌が良いですよ」と気分が良い時にも現れます。

どちらにせよ、飼い主さんの前でゆっくりと尻尾を振っている場合には、大好きな飼い主さんの姿を見ることで安心感を得ているため、機嫌が良くなっていると考えられます。これは心を許している相手だからこそ起こる感情と言えるでしょう。

いしりをくっつける

先ほど「お腹を見せる」というサインを挙げましたが、それと同じような意味を持つサインが「お尻をくっつける」という仕草です。

想像してみてください。お尻を相手にくっつけるということは、相手に背を向けるという行為でもあります。もしも敵に背を向けてしまえば、すぐに襲われてしまう可能性があります。そのため、信頼していない相手にはお尻をくっつけることはないのです。

また、野性時代の名残として、お尻をくっつけるという行為は、自分が向いている方向は自ら敵が来ていないか監視し、お尻をつけている相手に対して「こっちは俺が見張っているから、反対側をよろしく」という意味もあったそうです。

ゴ蕕筝周辺を舐める

顔や口の周辺を愛犬が舐めてくるということはありませんか?「構って欲しいのかな?」「甘えたいのかな?」と瞬時に感じ取る方もいると思いますが、これも実は犬が心を許した時に見せるサインです。

先ほどの「甘えたい」という気持ちからこの行動を起こすのですが、元々は母犬に対して子どもが行う行動です。そのため、口や顔を舐められるのであれば、愛犬はあなたのことをお母さんのように慕っているのです。

皆さんも実家に帰ると安心するという感覚になる事はありませんか?それは慣れ親しんだ場所であり、心を許しているから起こる感覚です。このように、犬も心を許した相手に甘える際、このサインを見せるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように犬のサインには、野性時代の名残が関係していることが多々あります。これらを踏まえて考えると、「今はとてもリラックスした状態なのかも」「安心してくれているのね」とこちらも嬉しい気持ちになりますよね!ぜひ日常生活の中で愛犬がこれらのサインを出していないか、観察してみましょう。