10月31日のハロウィンシーズンが終わると、街の雰囲気はクリスマスに向けて一気に加速します。そんな中、アイスクリーム専門店のコールド・ストーン・クリーマリーにて2017年11月1日から、期間限定で「ウィンター ホーリー ピスターシュ」を含めた3種類のプレミアムアイスクリームが登場。ご褒美感をテーマにした2種のナッツフレーバーとは一体どんな味なのか、実際に食べてみました。

コールドストーン初となる2種のナッツフレーバーが登場!ご褒美感を味わえる『ウィンター ホーリー ピスターシュ』発売|コールドストーンクリーマリージャパン Cold Stone Creamery Japan

http://www.coldstonecreamery.co.jp/news/2017/1026_000826.php

コールド・ストーン・クリーマリーにやってきました。



お店の前には今回のフェアの案内。「Happy Sweet Christmas」とある通り、完全にクリスマスを意識したデザインになっています。



お店に入って「ウィンター ホーリー ピスターシュ」と「クランチー マカダミアナッツ」と「ホワイト トゥインクルスター」の3種類を、レギュラーサイズの「Love It」で注文。カップやコーンも選べますが、今回はウィンターフェア限定「ハッピーホリデーワッフル」(追加で税込150円)にしました。



零下9度に冷やされたみかげ石の上にアイスクリームが並べられていき……



ナッツやレッドベルベットケーキがのせられます。レッドベルベットケーキとは、赤く色づけをしたココア風味のスポンジケーキ。



さらにプレッツェルも投入し、アイスを混ぜ合わせていきます。



3種類のアイスがそろいました。レッドベルベットケーキが目に鮮やかです。



クリスマスツリーをイメージしたという「ウィンター ホーリー ピスターシュ」(税込680円)。生クリームが上にこんもりと積もっていて、その上にプレッツェルがちょこんと載せられています。高さ138.4mmのiPhone 8と並べるとその大きさがよく分かります。



プレッツェルはクリスマスリースをイメージ。見た目だけではなく、甘い生クリームのなかに含まれるプレッツェルのわずかな塩気とサクサクとした食感が楽しいアクセントになっています。



また白い生クリームの下には薄く緑色がかったピスタチオアイス。ピスタチオの緑とベルベットケーキの赤でクリスマスカラーに仕上がっているというわけ。2種類のピスタチオナッツが練り込まれたピスタチオアイスは、「ナッツの女王」という呼び名にふさわしく、とても上品な味と香り。一緒に試食した編集部員からは「かぼちゃみたいな、控えめな甘さでこれは良い」という声もありました。



「クランチー マカダミアナッツ」(税込630円)のアイスはマカダミアナッツフレーバーになっています。またプレッツェルが砕かれてミックス。さらに甘いチョコレートペーストも練り込んであります。



マカダミアナッツのクリームは特にコクがあって滑らか。ピスタチオアイスに比べると甘味は強いのですが、ベルベットケーキのふわふわした食感とココア由来の苦味がマッチ。



「ホワイト トゥインクルスター」(税込630円)はカップではなくコーンのアイス、こちらもクリームはマカダミアナッツフレーバーです。香り高いマカダミアアイスにホワイトチョコレートとラングドシャが混ぜ合わさ、ザクザクとした食感が楽しい一品です。



「ハッピーホリデーワッフル」はワッフルカップにチョコソースとカラースプレーがかかっています。チョコソースもちゃんとカカオの苦さが感じられ、一通りアイスを食べたところにスプーンで割って混ぜ合わせると、また違った味と食感になるのでオススメ。



ピスタチオアイスやマカダミアアイスの上品で贅沢な香りと味わいを楽しめる、スーパープレミアムアイスクリーム3種類は、2017年11月1日より期間限定ながら、日本国内のコールド・ストーン・クリーマリー店舗で食べることが可能。「ウィンター ホーリー ピスターシュ」はワッフルボール付きで税込680円、さらに100円追加でハッピーホリデーワッフルにすることができます。また「クランチーマカダミアナッツ」と「ホワイト トゥインクルスター」はそれぞれ税込630円となっています。