出先でも安心!8つの端子を持つUSB-Cハブは仕事の必需品です

写真拡大 (全4枚)

例えば出先で12インチのMacBookなどのUSB-CポートのみのノートPCしか持っていない場合、USB 3.0のメモリでデータを渡されたり、SDカードに保存されたデジカメ写真を読み込む必要ができたりすると、それだけでもう「詰んだ」状態です。

そこで役立つのがマルチUSB-Cハブ。AUKEY(オーキー)より登場したコチラの「USB-Cハブ 8in1 CB-C55 第2世代」(7399円)は、USB Type-Cの他、USB 3.0やHDMI、LAN、SDカードスロットなど、8つの端子を搭載し拡張性バツグン。最近急速に増えてきたUSB-Cポート付きマシンを使いこなすなら必需品です。

 

USB-Cポートのもつ拡張性を存分に発揮出来るこちらのマルチUSB-Cハブ。搭載するのは以下の8つの端子。

・USB Type-C ×1
・USB 3.0ポート ×2
・HDMI ×1
・VGA ×1
・SDカードスロット ×1
・Micro SDカードスロット ×1
・LANポート ×1

まだまだ大活躍のUSB 3.0を2ポート搭載しているので、USB-Cポートオンリーの機器を持つなら必需品。

外部ディスプレイへの出力ができるHDMI、VGAも搭載しており、HDMIの最大解像度は4Kに対応、VGAの最大解像度は1080pと高画質。

SDとMicroSDのカードスロットは、デジカメ写真を取り込む時などに活躍。このあたりもカードスロットのないノートPCとの相性はバッチリ。

LANポートもあるので、出張先のホテルが有線LANだったなんて時でも安心。

また、このハブを介して充電しながらも使用できるパススルー充電にも対応しているので、USB-Cポートがひとつしかないという機器でも充電しながら活用できます。

>> AUKEY「マルチUSB-Cハブ」

 

(文/&GP編集部)