HALLOWEEN PARTY 2017/(C)今元秀明、緒車寿一、田中和子、笠井銑衣智

写真拡大

VAMPSが贈るロック&ホラーなハロウィン・ライヴイベント<HALLOWEEN PARTY 2017>が、10月27日(金)、28日(土)、29日(日)の3日間、幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにて開催。イベント初日の27日に、HYDEと清春が妖艶な美しさで観客を魅了した。

【写真】異世界の美しさ!『スウィーニー・トッド』のラヴェット夫人に扮した清春とヴァンパイア姿のHYDE/(C)今元秀明、緒車寿一、田中和子、笠井銑衣智

ゴーストのシルエットが飛び交い、ゴーストの影アナが響く不気味な会場に雷鳴が轟くと、お待ちかねの『HALLOWEEN PARTY 2017』がスタート。初日に登場したのは、VAMPSを筆頭に、BREAKERZ、ROTTENGRAFFTY、coldrain、MY FIRST STORY、sadsというラウドロックな強者たちだ。

トップバッターのBREAKERSは、ブルゾンちえみwith B公認のブルゾンAKIみwith Bの仮装で登場。with B役のDAIGOとSHINPEIは、VAMPSへの愛と敬意を込め、「HYDE」「K.A.Z」と書いた裸の背中を見せながら、「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」などを熱演した。

『ドラゴンボール』の仮装で登場したのは、HALLOWEEN PARTY初登場のROTTENGRAFFTYだ。ボーカルのN∀OKIが亀仙人、NOBUYAが人造人間18号となり、『ドラゴンボール・超』の主題歌となった新曲「70cm四方の窓辺」や「金色グラフティー」など、エモーショナルな演奏で会場を盛り上げる。

2017年がHALLOWEEN PARTY初登場となったcoldrainは、映画『バイオハザード』の仮装で熱演。ミラ・ジョボヴィッチ演じるアリス姿のボーカル、masatoはMCで、「好きなことを長く続けてる先輩たち(VAMPS)を心から尊敬します」と語り、その言葉通りの熱い歌と演奏で観客を魅了していく。

「僕らは今ツアー中なんですけど、このイベントにどうしても出たくて出させてもらいました!」とボーカルのHiroが熱く語ったのは、もはやHALLOWEEN PARTYに欠かせないバンドの一つ、MY FIRST STORYだ。メンバー全員でアニメ『僕のヒーローアカデミア』のキャラクターに扮し、「不可逆リプレイス」までのナンバーをツアー中らしい充実した演奏で突っ走った。

清春が『スウィーニー・トッド』のラヴェット夫人に扮し、カウチに寝そべりながらステージに登場。その麗しさに場内がざわめいたのは、sadsだ。「ほんとは俺もDAIGOくんみたいに三日間出たいな」と清春が言うと、場内から大歓声が上がる。来年にはsadsの約7年ぶりのフルアルバムを発表すると宣言し、ヘヴィかつエモーショナルな歌と演奏で「SANDY」などを披露。観客達も大歓声とヘドバンで熱狂した。

お待ちかねのVAMPSは、ヴァンパイアのHYDEが、鎖に繋がれた二人のキャットウーマンを引き連れて登場。K.A.Zは狼男、JINはブギーマン、ARIMATSUはジャック・オー・ランタン、Ju-kenはフランケンシュタインと、全員ハロウィンの正装だ。「BLEED FOR ME」を皮切りに、ツアーを経て一段と迫力を増した歌と演奏を響かせると、場内の血まみれアリスやゾンビたちが次々とヘドバンを繰り広げる。「KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-」ではHYDEがランウェイの上で十字架に磔になり、男たちに担がれた状態でアリーナを周遊。再びステージに戻ると、火花で火あぶりにされているような衝撃的な演出で熱唱。会場を大いに沸かせた。

2017年は3日間、日ごとに異なるスペシャルゲストが出演した。初日はHYDEの敬愛する大先輩のkyo (D’ERLANGER)だ。この日だけのスペシャルなバンド演奏をバックに、kyoとHYDE、そして清春もステージに招かれ、3人でD’ERLANGERの名曲をデュエット。はにかむ清春を中心に、3人で「SADISTIC EMOTION」を歌うなど、ロック史に残るレアなシーンとなった。

また、2017年は初の試みとして、各ステージの合間にバックステージからニコニコ生放送の中継も行われた。幕間のステージ上ではさまざまなパフォーマンスも行なわれ、初日のこの夜はペレ草田が登場し、ハイクオリティなモノマネパフォーマンスを披露した。

最後は、スティッチに扮したShinya (DIR EN GREY / SERAPH)、チキンアーミーの逹瑯 (MUCC)やギズモ姿の柩 (GREMLINS / NIGHTMARE) 、ゴーストシープに仮装した分島花音らによるHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの演奏をバックに、出演者全員が客席を練り歩きながらお菓子を巻き配る。

「Y.B.I.(ヤバイ)」というHYDEのDAI語も飛び 出すほどの熱狂を繰り広げた初日が終了した。【文・早川加奈子】