<卒業30年を祝う仲間とのひとときは、暴走ピックアップトラックによって斬り裂かれた>

ニューヨーク・マンハッタンのダウンタウンで31日午後(現地時間)、ピックアップトラックが市民に襲いかかった。自転車専用道路に侵入すると、歩行者らを狙いながら約1マイル(1.6キロ)を暴走し、8人が死亡、12人が負傷したとBBCは伝えている。犠牲者には、ベルギーと複数のアルゼンチンの観光客が含まれていた。

ピックアップトラックを運転していたウズベキスタン出身のサイフロ・サイポフ容疑者(29)は、事件発生時に駆け付けた警察の銃撃を受け、病院に搬送された。警察当局によると、サイポフは手術を受けて回復する見込みだという。ニューヨーク・デイリー・ニュースは、現場からアラビア語でテロ組織ISIS(自称イスラム国)への忠誠を誓うメッセージが書かれた手書きのメモが見つかったと報じている。

(サイフロ・サイポフ容疑者)



(犯行に使われたピックアップトラックはレンタカーと伝えられている)


マンハッタン南部に位置する現場は2001年の同時多発テロで標的になった「ワールド・トレード・センター」から約500メートルの距離。付近には小学校もあり、ジョギングや散歩で利用する人も多い。

英ガーディアン紙によると、8人の犠牲者のうち5人はアルゼンチン人で、高校卒業30周年を祝うために集まっていた友人グループだった。アルゼンチン外務省はすでに5人の身元を確認。犠牲となったのはアリエル・エリジ(48)をはじめ、アルゼンチン第3の都市ロサリオの高校の1987年の卒業生だ。地元メディアによれば、製鉄所を経営するエリジは今回のアメリカ旅行で、お金が足りずに参加を断念しようとした仲間に援助をしていた。グループの仲間には、怪我を負って市内の病院で治療を受けている人もいる。

(事件直後の現場は混乱に包まれた)

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部