城田優が30歳童貞役!盟友・三浦春馬との8年ぶり制服共演に「若返った感覚」

写真拡大

俳優の城田優が、『オトナ高校』(テレビ朝日系列、毎週土曜23:05〜23:59)にゲスト出演し、30歳の童貞男性を演じることがわかった。主演の三浦春馬と制服姿で共演するのは、8年ぶりとなる。

本作は、深刻な少子化問題に歯止めをかけたい政府が打ち立てた「第二義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」への入学を義務付けられた主人公・荒川英人(三浦)を中心に、様々なタイプの恋ヘタ学友たちが、卒業条件である“童貞卒業”を目指して成長するストーリー。

城田が演じるのは、総理大臣の息子で童貞“王子”の異名をとる30歳・岩清水叶だ。11月4日放送の第4話、11月11日放送の第5話に出演する。オトナ高校設立までの“道程”を描くスピンオフドラマ『オトナ高校 エピソード0』(無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV」、動画配信サービス「ビデオパス」で配信中)でも、その存在が囁かれていた人物で、この度めでたく(!?)、「息子を真のオトナに成長させたい」という総理の願いが忖度され、遅ればせながらオトナ高校に入学することとなった。ところが岩清水は、総理の御子息パワー全開で大暴れ。百戦錬磨の教師陣を次々と論破するわ、校則はガン無視するわと、学校の風紀を乱しまくり。岩清水の登場で激震が走るオトナ高校、その行く末に注目が集まる。

城田は「『オトナ高校』はただのコメディじゃなく、現代社会に斬り込んだドラマ。実際、年を重ねてもまだ性経験のない人が僕の知人にもいるんですよ。そういう人たちを集めて学校を作るというアイデアが面白いし、視聴者にもウケているんだと思います。岩清水は、総理大臣の息子でも童貞でもない僕にとって、想像で演じることしかできない難しい役。だからこそ逆に、どっちにも転ばせることができる面白い役だと思いました」と語る。

『ROOKIES』(2008年)での学ランなど、数々のドラマで制服を着こなしてきた城田。今回は、2009年放送の『サムライ・ハイスクール』以来となる、三浦との制服共演となり「制服を着るのも、春馬と“学園ドラマ”で共演するのも久しぶりだから、懐かしさを感じています。30歳を超えた男ですけど(笑)、制服を着ると何だか若返った感覚にもなる! 気分が上がって撮影していても楽しいです」と喜びのコメント。

三浦とはプライベートでもご飯を一緒に食べに行ったり、時々連絡を取り合ったりする仲で、共演自体は3年ぶりだという。久々の芝居合戦を心から楽しんでいるようで「春馬を初めて見たのが地球ゴージャスの舞台。当時“すっげぇ俳優が出てきた!”と思っていたんですけど、その印象は今も全然変わらないですね。落ち着きと茶目っ気を併せ持っているし、責任感も向上心もある! そんな春馬のことが僕は大好きです」と、目を細める。

実は、岩清水はピアノ一筋という役どころ。現在放送中の『トットちゃん!』(テレビ朝日系)でもピアニスト役を演じる城田だが、「昔、特技はピアノと言ったのが独り歩きしちゃって、高度な演奏を求められるんですよね。でも、実はそこまでは弾けないんですよ(苦笑)。説得力に欠けるしなぁ……と、オファーを頂いたときは悩みました」と告白。そんな城田の背中を押したのが、ほかでもない三浦、そして2011年に『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』(テレビ朝日系)で共演してから大の仲良しだという黒木メイサの存在だったという。「正直なところ、春馬とメイサが出てるからオファーを受けたという部分もあるんです。それくらい、2人には強い友情と信頼感を覚えている」と城田。黒木に関しても「共演してからプライベートでもすごく仲良くしているんですよ。だから、今回は仕事で、しかも制服姿で一緒になるのが、こっ恥ずかしくて! 彼女もプライベートでは“優くん”って呼んでいるのに、現場では“城田くん”とか呼ぶし、お互いに“うわっ、気持ち悪っ!”みたいな感じでした(笑)」と仲の良さを語る。

最後に、「岩清水はオトナ高校に対し、疑問に思ったことはガンガン言うし、一見すると総理の息子の権力をひけらかす男。でも、そこには彼なりの信念があって、ただイヤなヤツではない。実際“童貞や処女が恥ずかしいなんて、世の中の風潮に流されてるだけ”というセリフがあるんですが、僕もまさにそういう考えです。誰と何をしたいかという個人の感覚はどの時代も自由であるべき。そういうメッセージが初めて見える回で、英人たちの思いも少し変わってくるので、ぜひご覧ください!」と呼びかけている。