平川怜は17歳でFC東京のトップチームに昇格しプロ契約を結んだ【写真:Getty Images】

写真拡大

 FC東京は1日、同クラブU-18に所属していたMF平川怜とMF久保建英とプロ契約を締結し、合わせてトップチームへ昇格させることを発表した。

 同日、記者会見に臨んだ平川は「このタイミングでプロ契約させていただいて、本当に自分を評価してくれたクラブと、今まで自分を育ててくれた方々に本当に感謝したいと思います」とトップチーム昇格の喜びを語った。

 もちろんプロ選手になったことで「これからは厳しい世界に入っていく」ことも平川は理解している。「攻撃も守備もまだまだ課題だらけだと思うので、J1の舞台に早くいけるように日々食らいついていきたい」と、年齢に関係なく上を目指す決意を述べる。

 平川は久保とともに先月インドで開催されたU-17W杯に出場し、世界の同世代の選手たちとピッチ上で対戦した。そこでは「世界との差をとても感じた」といい、帰国後も悔しさが強かったという。だが既に気持ちを切り替え、「自分は世界で活躍することが目標なので、まずこのチームで結果を残して、誰もが認める選手になって、そういう(世界で活躍する)ことができたらいいと思う」と、トップチームでの新たな挑戦に向けて意気込みを語った。

「プロサッカー選手になったということで、自分が一番大事にしていきたいと思うのは、やっぱり常に上を目指すということで、今まで通り向上心を持って、高い目標を目指して日々努力していくことが大切だと思います」

 同年代の選手たちよりも一足先にプロの道に進んだ平川。1歳下の久保とも切磋琢磨し、まずはトップチームでのJ1初出場を目指す。最短デビューの可能性があるのは、今月18日にアウェイで行われるサガン鳥栖戦だ。

(取材:ジュニアサッカーを応援しよう!編集部)

text by 編集部