男子3人(小学2年生、年長、2歳)の子育て真っ盛りのマルサイです。今の時期ってこんなに寒かったですっけ? 連日雨だし、気温も15、16℃とか…(@埼玉県南部)。わが家の半袖短パンボーイ(二男)も、さすがに今季初の長袖長ズボンを着用して登園しましたよ。毎年この時期寝るときはタオルケットでOKなわが家ですが(マンションてあったかい!)、今年は早々に毛布を引っぱり出し、寒がりの長男が毎晩寝るとき「あったかくてシアワセ〜」と、幸せをかみ締めているほどです。

寒かった実家は、あたたかな思い出がたくさん



10月の第2週は地元でお祭りがあるのですが、記憶のなかの私は、このお祭りのときはいつも半袖。あれは5年前のことです。子どもたちを連れていったときも、日中は汗をかくほどの陽気でした。夜は実家でお泊り予定だったので、普段自宅で着ているパジャマを持っていったのですが、暖かいマンションでの暮らしに慣れきっていた私はすっかり忘れていたのです。10月の実家は寒い、ということを…。

夕飯を終えたあたりから、ん?冷えてきたかな?と思いながらも楽しく過ごし、お風呂を上がったときにようやく気づきました。そうだ、実家は寒いんだったー!!!! 体がポカポカ温まっているうちに子どもたちの寝支度をすませ、速攻布団に寝かせます。よし、子どもたちは眠った。だが私は眠れない!!(寒いから)。結局母の服を重ね着し、布団を追加で出してもらい、靴下を履いてやっと寝つくことができました。そして朝。吐いた息が白い…!!

そんな当時の実家も数年前に建て替えられ、快適な冬を過ごせるようになりましたが、たまに以前の寒い実家を懐かしく思うことがあります。お正月に家族そろって防寒着着用でダイニングに集まり、サムイサムイ言いながらおせち料理をつまんだ、極寒のお正月。玄関を出ると、「外の方があったかい」ということもしばしば。寒々しい実家でしたが、思い出すと心が温かくなることばかりです。わが家も子どもたちにとってそんな温かな場所になれたらいいなと思います。
[追伸]
10月初旬に実家へ行ったらすでにコタツが出ていました。そしてその横には扇風機が。そんな実家が好きです。

【イラスト・文/マルサイ】
小学2年生、年長、2歳の男子3人と夫の5人家族。男の子あるあるや家族のほのぼの話を描いた絵日記をインスタグラムmaru_saiで発信。書籍に『男子が3人います。』(大和書房刊)がある