31日、英BBC(中国語電子版)は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に端を発した中国から韓国への報復措置に終止符が打たれる可能性を指摘した。

写真拡大

2017年10月31日、英BBC(中国語電子版)は、11月10日からベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせ、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が会談することを受け、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に端を発した中国から韓国への報復措置に終止符が打たれる可能性を指摘した。

韓国政府関係者の1人は、今回の中韓首脳会談は「両国関係の正常化への第一歩になる」と期待を示した。北朝鮮が弾道ミサイルの発射実験を繰り返す事態を受け、米韓はこれまで、そろってTHAAD配備の必要性を強調してきた。しかし、中国はTHAADのレーダーが防衛目的を超えて広範囲の監視を可能にすると主張。米軍の「軍事的な侵略行為だ」と批判してきた。

しかし、中韓関係は最近「雪解け」の兆しを見せている。10月に期限を迎えた緊急時にお金を融通しあう「通貨スワップ(交換)協定」を延長。中国の航空会社は運航を中止していた韓国便の早期再開を計画している。さらに、韓流スターの中国での活動再開も加速するとの見方も出ている。ネットやテレビで制限されていた韓国の娯楽番組も放送が再開される可能性がある。(翻訳・編集/大宮)