ティアック、USB DAC/ヘッドホンアンプ「UD-505」を発売

写真拡大

ティアック株式会社は、USB DAC/ヘッドホンアンプ「UD-505」を、2018年1月27日に発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別148,000円。

UD-505は、デュアルモノーラルUSB DAC/フルバランス・ヘッドホンアンプで、D/Aコンバーター部は旭化成エレクトロニクス社のフラッグシップモデル「VERITA AK4497」を左右に搭載。DACをモノラルモードで使用することにより高S/N値を獲得し、DSD 22.5MHzやPCM 768kHz/32bitのネイティブ再生も可能。

背面

アナログ処理部には電流伝送強化型バッファーアンプ「TEAC-HCLD回路」を4回路搭載し、バランス出力時にはフルバランス駆動、アンバランス出力時には4回路を使ったパラレル駆動が可能。ヘッドホン端子は2基の6.3mm標準端子に加え、4.4mm 5極端子の採用により1本のプラグでバランス接続やアクティブ・グランド接続が可能となった。

また、ハイレゾ品質相当のワイヤレス再生が可能なLDAC、Qualcomm aptX HDやAAC、SBCなどのコーデックに対応したBluetoothレシーバー機能も搭載。主な仕様は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■主な機能

  • DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bitのハイサンプリングレート・ハイレゾ音源に対応
  • 旭化成エレクトロニクス製AKM『VERITA AK4497』を左右に1基ずつ搭載したデュアルモノーラル構成
  • 5種類のPCMデジタルフィルター、2種類のDSDデジタルフィルター
  • 最大DSD 24.5MHz、PCM 384kHz/32bitへのアップコンバート機能
  • 44.1kHz系/48kHz系専用のデュアルクロック搭載
  • 外部10MHzクロック入力対応
  • 高音質コーデックLDAC™、Qualcomm®aptX™HDにも対応したBluetooth®レシーバー機能
  • 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路『TEAC-HCLD回路』
  • バランス、アクティブ・グランド駆動にも対応した4.4mm 5極ヘッドホン端子(株式会社日本ディックス社製端子「Pentaconn」を採用※1)及びデュアル6.3mm標準ヘッドホン端子を装備
  • 簡単に確実なピンポイント接地が可能な3点支持ティアックオリジナル・ピンポイントフット※2
  • 4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」※3を採用
  • DSD22.5MHz、PCM768kHz/32bit対応ハイレゾ再生ソフトTEAC HR Audio Player無償提供(Win/Mac)
※1JEITA規格RC-8141Cに準拠“Pentaconn”は株式会社日本ディックスの登録商標です
※2特許第4075477号、特許第3778108号
※3「Bulk Pet」はインターフェイス株式会社の登録商標です

■主な仕様

  • 電源:AC 100V,50/60Hz
  • 消費電力:18W(スタンバイ時0.3W)
  • 最大外形(WxHxD):290×84.5×248.7mm(突起部を含む)
  • 質量:4.2kg
  • 付属品:電源コード、RCA-ミニプラグ変換ケーブル、リモコン(RC-1330)、リモコン用単4形乾電池x2、フット用クッションx3、取扱説明書(保証書付)
※RoHSに対応しています
※仕様は改善のために変更することがあります