MUJI HOTEL WEBサイト

写真拡大

 良品計画が11月1日、中国の深センと北京に開業するホテルの名称を「MUJI HOTEL SHENZHEN」「MUJI HOTEL BEIJING」に決定したことを発表した。深センは2018年1月18日、北京は同年3月20日に開業し、日本では2019年春に向けて銀座3丁目エリアに「MUJI HOTEL」の開業を計画。本日から公式ウェブサイトが開設されている。
 「MUJI HOTEL」は「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、無印良品の思想が体感できるホテルとして展開。ホテル内には無印良品の家具やアメニティグッズがそろう。MUJI HOTEL SHENZHENは、中国広東省深セン市の中心地近くに建設中の総合商業施設「深業上城(UpperHills)内にオープン。2階にレセプションと、宿泊客が朝食から夕食、バータイムまで利用できる「MUJI Diner」、4階から6階に79室の客室を設ける。また、2階と3階には無印良品の店舗がオープン。全体のコンセプトや客室内のデザインは無印良品が手掛け、運営は深業グループの深セン深業酒店管理有限公司が行う。
 MUJI HOTEL BEIJINGは、再開発地域の北京坊に位置する4階建ての建物にオープンする。1階をレセプションとカフェ、ブックショップ、2階から3階が客室、4階をMUJI Dinerとして展開する。無印良品のコンセプトに基づき、小田急グループのUDSと同社の中国現地法人の誉都思建筑咨询(北京)有限公司が企画・内装設計を担当。同じくUDSの中国現地法人である誉都思酒店管理(北京)有限公司が経営を担う。深センと同様、無印良品が建物内に出店するほか、1階にはオープンスペースを設置。宿泊客と地域の人々が集い自由なコミュニケーションができる空間を提供するという。