吉岡里帆が連続ドラマ初主演

写真拡大

2018年1月スタートのTBS系火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」で、吉岡里帆が連続ドラマ初主演を務めることが明らかとなった。共演には桐谷健太、向井理ら。

【写真を見る】地元京都に関するイベントでは和服姿で登壇した吉岡里帆

女性向け漫画雑誌「FEEL YOUNG」で連載中の天堂きりんによるコミック「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)を原作にした同ドラマ。

自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう主人公・小川今日子(通称:キョドコ)(吉岡)が、二人の対照的な魅力を持つ男性、漫画編集者の吉崎幸次郎(桐谷)と大学時代の先輩・星名漣(向井)の間で揺れ動くさまを描いていく。

連ドラ初主演となった吉岡は「連続ドラマ初主演ということで、夢のような気分でいますが、同時に身の引き締まる思いです。『必ず面白いドラマにするぞ』と、かなり意気込んでいます」と気合十分。

さらに「桐谷さんとも、向井さんとも今回が初共演なのですが、向井さんは、星名を演じるのが信じられないくらい清廉で、一本筋の通った、爽やかな方です。そんな向井さんが演じる星名がどんな人物になるのか、今から気になっています。

桐谷さんは、場を和ませてくれる三枚目でクラスの人気者というイメージがあって、今回のドラマの現場も桐谷さんが明るくしてくれるのではないかとわくわくしています。

今回、役に合わせて20cmくらい髪の毛を切りました。髪形が変わると、新しいことに挑戦したいという意欲が湧いてきて、これまでとはまったく違うアプローチをしてみたいという気分になっています。

とにかく原作が面白い作品なので、その良さをしっかり表現しつつ、ドラマならではの新しいエッセンスを私も含めたスタッフ・キャストで加えて、より皆さんがドキドキして、続きが気になってしょうがない作品にしたいと思っています」とメッセージを寄せた。

桐谷は「僕が演じるのは吉崎という漫画編集者ですが、今日子に対して全く共感できなかったところからどう引かれていくんだろうと気になっています。まだ演技プランは何も考えていませんが(笑)。すごく新鮮な、どこまでテレビで表現できるんだろうって内容の作品だと感じます。ガンガン攻めていく作品になってほしいなと願っております! 僕も今までにはなかったような役なので、共に血を通わせるように生きていけたらと思います」と独特の表現でコメント。

一方向井は「私の演じる星名は、今回のラブ“ホラー”ストーリーの中で、“ホラー”要素を担当する役柄で、何を考えているのか分からない、謎の多いキャラクターだと思いました。フィクションの中で生きる登場人物ではありますが、ただ怖いだけでなく、人間的な弱さなどを見せることで、本当にどこかに存在する人物のように演じたいです。

主演の吉岡さんは初めてご一緒するので、どこまで星名として振り回せるのか楽しみです。桐谷君は久しぶりの共演で、早く同じ空気の中でお芝居をしたいです」とそれぞれとの共演に期待を寄せた。