お金と時間をどう手に入れる?

写真拡大

今以上にお金があれば自由に過ごせるかもしれない、そうした思いをめぐらせる人は多いでしょう。それでも、自由はなかなか手に入らないものです。例えば会社をやめて自由を手に入れたとしても、そこにはお金の不安が伴います。これは人々にとって、永遠のジレンマだといえるでしょう。

同時に手に入れる

金川顕教による『これで金持ちになれなければ、 一生貧乏でいるしかない。: お金と時間を手に入れる6つの思考』(ポプラ社)では、お金と時間を手に入れた著者によるメソッドが開陳されています。著者はもともと偏差値35から大学へ入学し、在学中に公認会計士試験に合格、さらに会計士事務所を経てわずか3年後で起業し独立した経緯を持つ人間です。同時に副業で本業以上に稼ぎを生み出し、現在はそちらをメインに据えています。経歴を見る限り、圧倒的な努力の人であるとわかります。最初から恵まれていたわけではない、そうしたところから何をすべきかが本書には記されています。

先延ばしをやめる

本書に書かれていることは、すぐにでも実践できることばかりです。著者はすぐにでも実践することを推奨しており、先延ばしには否定的です。時間ができたらやろう、は実は永遠にやらないことと同義なのです。特に忙しいビジネスパーソンが言い訳にしがちな「時間がない」に対しても「時間の断捨離」「自分の仕事を時給に換算する」といった思考法が提唱しているなど、有効な処方箋を示してくれているといえるでしょう。