インドのニューデリーで、ラム・ナート・コビンド大統領(左)を訪問したブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王夫妻とギャルセイ・ジグメ・ナムゲル王子(2017年11月1日提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク(Jigme Khesar Namgyel Wangchuck)国王とジェツン・ペマ(Jetsun Pema)王妃は1日、ギャルセイ・ジグメ・ナムゲル(Gyalsey Jigme Namgyel)王子を伴い、インドの首都ニューデリーにある大統領官邸を訪問した。

 大統領官邸では、同国のラム・ナス・コビンド(Ram Nath Kovind)大統領夫妻の他、スシュマ・スワラジ(Sushma Swaraj)外相とも懇談した。

 コビンド大統領は、身分制度カーストの最下層「ダリット(Dalit)」出身で、今年7月に同国の大統領に就任したばかり。

 ワンチュク国王一家は4日間の日程で、インドに滞在している。
【翻訳編集】AFPBB News