北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は先月31日、金正恩党委員長と朝鮮労働党を称える署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

大国である米国に核・ミサイル開発で対抗する金正恩氏の路線を正当化しつつ、小国でも強国に対抗できることを北朝鮮と友好関係にある国家や国際社会にアピールする狙いがあると見られる。

論説は、「朝鮮労働党の指導の下、革命と建設において収められている誇らしい勝利と成果は偉大な強国の主人になったわが人民の誇りと自負を百倍にしている」と述べた。

また、「この世にまたとない一心団結の強国で生きて革命を行うのはわが人民の並々ならぬ矜持、栄光であり、チュチェの核強国、世界的な軍事強国で生きて革命を行うのはわが人民のまたとない矜持、誇りである」とした。

さらに、「指導者が偉大であれば小国も発展した国に、権威あり尊厳ある強国になれる」とし、「最高指導者金正恩委員長は、現時代の最も傑出した政治家であり、希世の天が賜った偉人である」と強調した。

その上で、「チュチェ朝鮮の強大さの象徴であり、わが運命の燦爛たる太陽である最高指導者金正恩委員長が居て、この地には人民の天下第一の強国が必ず立ち上がることになるであろう」と主張した。