画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本東京支社は、JR東日本発足30周年と人気ゲームシリーズ『FINAL FANTASY』(FF)発売30周年を記念したタイアップ企画「FINAL FANTASY YL」を11月15日から開催する。モバイルスタンプラリーやTwitterを活用した企画などが予定されている。

モバイルスタンプラリーは、山手線29駅と「Suicaのペンギン広場」の計30カ所に掲出される歴代FFキャラクターのポスターを巡り、ポスターに記載されたQRコードをスマートフォンなどで読み取る企画。QRコードからアクセスできる特設サイトでFFキャラクターとオリジナル壁紙が手に入るほか、QRコードを何度も読み込むことで、そのキャラクターならではのBGMや歴代の名シーンを手に入れることができる。総勢30体のキャラクター図鑑をコンプリートすると、この企画限定のオリジナル壁紙がもらえるという。

また、山手線周辺にあるスクウェア・エニックス、アトレ、JR東日本ステーションリテイリングの施設(計15カ所)に掲出される限定ポスターのQRコードを読み取ると、各スポットに設定されたボスとの戦闘が可能に。参加者はモバイルスタンプラリーで手に入れたキャラクターで攻撃することができ、その様子をツイートすることで他の参加者と力を合わせることもできる。ボスを倒すことができれば、ボスのオリジナル壁紙が手に入る。

その他、FFYL特設サイトにJR東日本とFFの30周年を祝う記念メッセージを投稿すると、投稿時に選んだキャラクターが記念メッセージとともにサイト上を行進するしかけも用意されるという。