記者会見に臨む(左から)高碩泰駐米代表、米税関・国境警備局のケビン・マカリーナン長官代理ら

写真拡大 (全2枚)

(ワシントン 1日 中央社)米税関・国境警備局は現地時間10月31日、事前審査により米国到着時の入国審査が簡便化されるプログラム「グローバルエントリー」の対象に台湾を加えたと発表した。適用は今月1日から。同局のケビン・マカリーナン長官代理はワシントンで開かれた記者会見で、プログラムの実施は台米の「パートナー関係」を表すものだと語った。

同プログラムの対象になるのは、アジア太平洋地域ではインド、韓国、シンガポールに続いて4番目。

中華民国(台湾)パスポートの所持者が同プログラムに登録できるようになったと同時に、同プログラムの審査に通過した米国人は台湾入境時、自動出入国審査システム「e-Gate」を利用可能になった。

記者会見に出席した米国在台協会のジョン・ノリス執行理事は、台米が相互に入国審査の便宜を図ったことは、すでに固く結ばれている関係をさらに深化させたいとする意志の現れだと述べ、今後の関係発展に期待を寄せた。

駐米国台北経済文化代表処の高碩泰代表(大使に相当)は、台米関係にまた新たなマイルストーンを打ち立てられればと語った。

(鄭崇生/編集:名切千絵)