10月13日、性能データ問題で謝罪する川崎博也会長兼社長。(Photo credit should read STR/AFP/Getty Images)

写真拡大

 不正事実が次々と明るみに出ている神戸製鋼の性能データ改ざん事件。名門企業だけに、メイドインジャパンの信頼性を失墜させたと批判され、事態は大きくなる一方だ。

 最初に不正が報じられたのは10月8日。当初、アルミ・銅製品のみと発表したが、3日後には鉄粉や液晶画面材料でも不正があったと認めた。さらに鋼線、ステンレス鋼線まで広がった。素材メーカーだけに出荷先も多く、データを改ざんされた製品は鉄道、自動車、航空機メーカーなど500社以上に上った。

 同社製品は中国にも輸出している。10月27日、江西省のある工場は神戸製鋼の製品(300万元相当)を返品したと報じた。返品されたのは蒸発機に使用される配管自動溶接設備。同設備は使用中、温度が異常に上昇したため、検査を実施したところ、問題が発覚したという。「品質不良の外国製品を決して見逃さない」と品質に厳しい態度を示した。

 しかし、報道を見た中国市民の反応は冷静だった。「データ改ざんがあったとしても日本の製品は中国製品より質が良い」と擁護するコメントが投稿され、市民は中国製品に対する強い不信感をあらわにした。

 また、中国の鉄鋼生産能力の過剰問題を引き合いに出し、「国産の鉄鋼が余っているのに、なぜ日本の鉄鋼を輸入しているのか」と皮肉った。

 さらに、中国製品の質の悪さは嘲笑の対象となっている。「偽物王国が外国製品を取り締まっているとは驚きだ」「日本の製品は中古品でも中国産より使いやすい」「神戸製鋼が改ざんしたデータを是非公開してほしい。中国製の鉄鋼製品のデータと比べてみたい」

 中国メディアは神戸製鋼の不正を連日のように報じている。「テレビで毎日取り上げているが、神戸製鋼は今の基準を10倍緩めても問題がない」「データの改ざんは良くないが、鉄鋼製品の品質が悪いというわけではない」「テレビはあおりすぎだ」「この事件をあおり、市民に日本製品を敬遠させようとでも思っているのか、そうはいかない」と市民は冷静に受け止めている。

(李沐恩)