北朝鮮の朝鮮中央通信は先月31日、トランプ米大統領を非難する論評を配信した。今月上旬に、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンのアジア5か国を歴訪するトランプ氏へのけん制と見られる。

一方、トランプ氏は、訪韓する際、歴代米大統領の恒例となっていた南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)の視察を見送ることを明らかにした。米政権内部では、トランプ氏のDMZ視察について、北朝鮮を刺激する恐れがあるとして、慎重論が出ていた。

論評は、トランプ氏が米国のフォックス・ニュースとのインタビューで、「『北の挑発』に対して信じられないほど完全に準備されている。どれほどよく準備されているのかを知るようになれば『大きな衝撃』を受けるだろうと大口をたたいた」と指摘した。

つづけて、「おそらく、トランプとしては朝鮮を大きく脅かし、日本や南朝鮮のような手先らの士気をもり立てて『威勢』を張ろうとしているようだ」と主張した。

また、トランプ氏は「対朝鮮制裁・圧迫へと全世界をせき立ててあらゆるあがきをしているが、何の効果も見られずにいる」とし、「むしろ、世界の面前で核戦争狂信者の正体だけをあらわにして『治癒不能の精神病者』という診断だけを受けた」と述べた。

さらに、「『中国の対北制裁参加に対して肯定的に評価し、督励』する、『中国が北の問題において本当に米国を助けている』と下人をおだてるかのように言って面映く機嫌を取るトランプの言動は卑劣極まりない」とし、米国の対北朝鮮圧力に同調する中国をけん制した。

その上で、「無知無能な者であるほど、虚勢を張るものである。米国は今、わが国家核戦力の威力について熟考すべき時期にある」と強調した。