YAMATOがNAOTOと語る、NEENEEの“混然一体”の魅力「背伸びせずにありのままでいること」

写真拡大

 ORANGE RANGEのYAMATO(Vo)、MONGOL800のTAKASHI(Gt)、RYUKYUDISKOのTETSUSHI(DJ)、そしてバンドのマネージャーも務めるSEIJI(Ba)による沖縄在住のバンド、NEENEE(ニーニー)。彼らが2014年のデビュー作『N1』以来となる2ndアルバム『N2』を完成させた。作曲のほとんどをTETSUSHIが、作詞のほとんどをYAMATOが担当した『N1』に対して、この『N2』ではメンバー全員が作詞/作曲により流動的に貢献。エレクトロを基調にしつつも、様々なジャンル/要素がより混然一体となったサウンドを鳴らしている。今回リアルサウンドでは、メンバーのYAMATOと、彼のORANGE RANGEでの相棒かつTETSUSHIの実弟で、10曲目「最初で最後のダンス」にゲスト参加したNAOTOの2人に取材。沖縄で「長男」や、血が繋がっている/いないにかかわらず親しい間柄に使われる「お兄さん」という意味の言葉を冠したバンド名の雰囲気そのまま、人気ミュージシャンたちが親密な雰囲気で音と戯れるNEENEEのバンドとしての魅力や、ORANGE RANGEとの相互作用について聞いた。(杉山仁)

・ひとつのジャンルに偏ってはいない感じがこのバンドならでは(YAMATO)

ーーNEENEEはもともと、TETSUSHIさんのソロプロジェクト、ORIONBEATSのアルバムにYAMATOさんやTAKASHIさんが参加した際、レコーディングがあまりにもスムーズに上手く進んだことから、「これをゲスト参加だけで終わらせるのはもったいない」という話になったことが結成のきっかけになったそうですね。

YAMATO:一番最初のきっかけはそうだったと思います。TETSUSHIは、ORANGE RANGEの作品でもずっとリミックスをやってくれていましたけど、スタジオで一緒に作業をしたのはそのタイミングが初めてでした。実は、そのときのエンジニアさんはずっとORANGE RANGEで一緒に作業をしてきた方だったので、だからこその呼吸や流れのようなものが、TETSUSHIたちには衝撃的だったのかもしれないですね。その要領のよさや速さも含めて、「もっとやってみたい」というきっかけになったのかなぁ、と。

ーーNAOTOさんからすると、ORANGE RANGEの仲間が実のお兄さんとバンドを組むことになったわけですよね。その様子をどんな風に見ていたんですか?

NAOTO:最初に思ったのは、「僕も入りたい!」ということですね(笑)。ただ、僕は三男なんで、第一次審査で落ちました。NEENEEは長男の集まりなので。

YAMATO: NAOTOは最初の頃、「入りたい! 入りたい!」ってずっと言ってたんですよ(笑)。

NAOTO:だって、めちゃくちゃ楽しそうじゃないですか!

ーー確かに、NEENEEには沖縄を拠点に活動を続けてきたミュージシャンたちが地元で集まって、ひたすらワイワイ楽しんでいるような雰囲気がありますよね。

YAMATO:実際、NEENEEは本当にただ楽しんでいるような感じで、感覚的には「遊び」に近いんです。放課後に集まって、みんなでワイワイしている感じというか。それに、普段はそれぞれ違う活動をしているミュージシャンの集まりなので、そもそも「どんな音楽にしよう?」「どんなバンドにしよう?」ということが、最初から決まっていなかったんですよ。それで、「こんな音はどう?」と色々とアイデアを出し合って、「ああ、いいね」「それもいいね」とみんなで盛り上がって……。その結果、バンド自体の方向性がどんどん変わっていきました。TETSUSHIがベースとなる部分を持ってきて、そこにTAKASHIがアレンジを加えて、僕もそこに入って、SEIJIさんも「やっぱりこれじゃない?」と乗っかってきて……という大雑把な流れはありますけど、その中で誰かが「こうしたい」と言うとみんな「いいね」って受け入れるので、結局初期段階とは全然違うものになるというか。

ーー演奏しているうちに、バンドの方向性自体がどんどん変わっていくんですね。

YAMATO:本当にそうです(笑)。例えるなら、沖縄のチャンプルーみたいにメンバーが持ち寄った要素を混ぜていった結果がNEENEEで、そもそもの「NEENEEらしさ」はちゃんと決まっていないというか。その結果として、最初に出来たのが2014年の1stアルバム『N1』です。あのアルバムを作ってみて、ある意味とっ散らかっているというか、ひとつのジャンルに偏ってはいない感じがこのバンドならではなのかな、と思いました。

NAOTO:1stアルバムって、衝動的で楽しいものになることが多いですけど、『N1』はまさにそういう作品でしたよね。僕はリリース後のライブにもついて行ったんですけど、そこでもみんなすごく楽しそうにしているのが印象的でした。

YAMATO:ついて行ったというか、NAOTOもライブに出てたよね(笑)。NAOTOはライブだけじゃなくて会議にもいるし、メンバーの食事会にもいるし……。

ーーほとんど正式メンバーじゃないですか(笑)。

NAOTO:だって、すごく楽しそうだったんで……。しれっと顔を出してました(笑)。

ーーとはいえ、NEENEEはそれぞれ自分の活動があるメンバーの集合体なだけに、1作だけで終わる可能性もあったと思います。2作目を作る話は、どんな風に出てきたんですか?

YAMATO:NEENEEは本当にノリではじまったバンドなので、「(アルバムを)何枚出そう」とか「何年までやろう」ということはずっとあいまいなままで。だから、2作目を作るというのも、ノリではじまったことなんですよ。「楽しかったし、また集まってみる?」って。ただ、今回NAOTOが関わることについては「メンバーに入れる、入れない」で会議しました(笑)。結局現時点では、(長男ではないため)サブメンバーということになっているんですけど、もともと「楽しい」ではじまって、ノリでやっているものなので、人数が増えたり減ったりするのも、僕はもっと自由にやってもいいんじゃないかとは思ってて。もし今後3枚目を作ることがあったら、NAOTOも絶対メンバーにいるはずですよ(笑)。

ーーNAOTOさんは今回「最初で最後のダンス」にゲスト参加して作詞/作曲を担当していますが、冷静に考えてみると、「作詞/作曲」ってゲストの役割ではないですよね。

NAOTO:(笑)。これもノリで決まったことで、SEIJIさんから「NAOTOも曲を作ってみない?」と話がきたんですよ。それで「はい」って言って、気づいたらこうなってました。

ーー今回の『N2』の方向性については、何かメンバー間で話し合ったりはしましたか?

YAMATO:すごく簡単に話はしました。でも、『N1』を出して、全国ツアーをやって、その流れで色んな人たちの反応を見る中で、今回のアルバムに取り掛かる頃には「NEENEEってこういうバンドなんだな」ということが自分たちでも分かってきていたんですよ。前作のツアー後すぐにTETSUSHIが制作に入ったんですけど、そこで上がってきたデモの時点で、すでに『N1』を経たからこその振り幅があるものになっていましたね。

ーー確かに、『N1』は最終的にはTETSUSHIさんらしいクラブサウンドが前面に出ている作品でしたが、今回の『N2』はより様々な要素がチャンプルーになっていますね。ミクスチャーロックっぽいものもあれば、テクノ/ハウスもシンセポップも、カントリーもトロピカルな曲もあって、本当に色々な音楽が平等に混在している印象です。

YAMATO:それは、活動をしていく中で、僕ら自身に「何をやってもいいんだ」という自信が出てきたからだと思いますね。実は、NEENEEを結成する頃に話していたのは、もっとアンダーグラウンドな音楽性にして、顔すら出さずに活動しようということだったんですよ。でも、それが活動を続ける中で全然違うものになっていった。みんなカッコイイことをしたいんだけど、そもそもかっこつけられるような性格の人間じゃないから、ボケに走ってしまうんです。だから、最初はクールでかっこいい音だった曲も、みんなでやるうちに最終的にはすごく明るい曲になっていったというか(笑)。

ーー(笑)。今回の『N2』で言うと、トロピカルでユーモラスな「Go! Go! 島人!!」からカントリー風で陽気な「俺オレゴン」に続く流れは、まさにその真骨頂ですよね。〈行け行け島人〜〉という歌詞が出てきたときにはビックリしました。

YAMATO:『N1』の頃はそういう自分たちに不安を感じる部分もあったんですけど、お酒を飲んで、BGMをかけながらバカやって……というノリが本来の僕らだし、活動していく中で、「ああ、これでいいんだ。かっこつける必要はないな」って気づいたんですよ。「Go! Go! 島人!!」や「俺オレゴン」はまさにそういう曲ですよね。『N1』のときは、詞はほとんど僕がやっていましたけど、このあたりの曲ではTETSUSHIが曲も詞も作っていて、「えっ、こんな詞書けるんだ?!」という驚きも感じました。これは自分には出せない色の歌詞なので、最初に聴いたときは新しい振り幅が生まれる可能性を感じました。

・ゴールが決まっていないから、掛け算によってどんどん変わっていく(NAOTO)

ーー今回はTAKASHIさんが作曲にかかわっている曲もありますし、2作目に際して、メンバーそれぞれの新しい要素が加わっているんですね。

YAMATO:そうですね。TAKASHIが曲を持ってきたのも、『N1』以降の活動の中で「俺も曲を書きたい」という意欲や楽しさが出てきたからなんだと思いますし、そうやって、メンバー全員にとって新しい扉を開くような経験になっているというか。

NAOTO:僕もアルバムを聴いて、『N1』よりもさらにはっちゃけ感が増してるなと思いました。楽器の種類も音も以前より広がって、表情が豊かになって。中でも「Go! Go! 島人!!」は、YAMATOの歌とTETSUSHIの歌詞がいいコンビネーションで、その極みが出ていますよね。終盤に沖縄特有の苗字をまくしたてるところとか、すごいと思う(笑)。

YAMATO:「Go! Go! 島人!!」の歌詞は沖縄のあるあるがテーマなんですけど、結成したばかりの頃、TETSUSHIは「沖縄感は出したくない」って言っていたのに、「いや、めっちゃ沖縄やん!」って(笑)。タイトルにも「島人」って付いているわけで、これってむしろ沖縄感100%じゃないですか。

NAOTO:(笑)。でも、僕から見ていても、それがNEENEEというユニットの面白いところなんだと思います。ゴールは全然決まっていないからこそ、最初に言っていたことが、メンバーの掛け算によってどんどん変わっていくというか。もともとNEENEEのメンバーはみんな人間的にも面白い人たちばかりなので、今の感じはすごく“らしい”と思いますね。

YAMATO:結局、背伸びせずにありのままでいることがNEENEEの個性なのかな、ということが、活動を続けていく中で分かってきたんですよ。あと、TETSUSHIはクラブミュージックを突き詰めている人なので、ORANGE RANGEとはメロディの作り方が全然違うのも大きな特徴ですね。TETSUSHIの曲はあまり動きがないメロディが中心で、NAOTOの場合はメロディがはちゃめちゃに動く。その辺はバンドサウンドとクラブサウンドの違いでもあって、そこが自分としては面白かったし、刺激的でした。

ーーちなみに、NAOTOさんから見て、『N2』の中で音楽的に好きな曲というと?

NAOTO:これはメンバーにもずっと言ってるんですけど、「Don’t Stop Me」ですね。テンポ感も、90年代のアメリカのポップスみたいなプロダクションも、YAMAHAのシンセサイザーの音も、「これを今使う人ってなかなかいないんじゃないか」と思うので。最初にデモを聴いたときから、「これ最高!」ってみんなに伝えていました。

YAMATO:今回の収録曲自体は前作のツアーを終えてすぐに取り掛かっていたので、2015年ぐらいからあったんですよ。だから、自分たちの中で流行りが過ぎたようなメロディや歌詞、構成〜アレンジは、アルバムとしてまとめるときに改めてリアレンジしたんですけど、「Don’t Stop Me」の音色やテンポ感は残しました。逆に、「ずっと・・・」はデモの頃と比べて大きく変わった曲ですね。最初はもっと暗い、がっつりクラブサウンドの曲で、ボーカルもほとんどラップだったんですよ。でも、そこからラップを少なくして、“踊れると同時に聴ける”ものに変えていきました。NEENEEの場合、その時その時のメンバーの興味がストレートに反映されやすくて、流行りが大切な音がすごく多いんですよね。

ーー思えば、『N1』には今回のアルバムよりEDM的な要素も多く入っていましたが、あれも当時の時代感やみなさんの興味がストレートに反映されたものだったんですね。

YAMATO:そうですね。当時はEDMがかなり流行っていた時代でもあったので。でも今回は、その流れも引き続き大事にしつつ、同時にメンバーそれぞれにまた新しく自分の中での流行りを持ち寄っていて、その結果ジャジーな音が加わったりもしました。そういう興味が、このバンドの場合は本当に4人様々なんですよ。普段はそれぞれ全然別のバンドをやっているだけに、その違いが大きいというか。たとえば、僕自身はクラブはたまに行くぐらいですけど、その流行りはTETSUSHIがちゃんと押さえている、という感じで。

ーーNAOTOさんが作詞作曲を担当した、「最初で最後のダンス」はどうでしょう? ORANGE RANGEや、NAOTOさんがRie Fuさんとやっているdelofamiliaと違って、NEENEEだからこそ意識したことはありましたか?

NAOTO:僕はNEENEEのライブも観ていたし、アルバムに入る曲のラインナップも聴かせてもらっていたので、その雰囲気に合わせて「こんな曲が合うかな?」と作っていった感じです。『N2』に入る曲のデモを聴いていく中で、「Don’t Stop Me」や、四つ打ちでひたすら攻める「Black Water」が好きだったので、そこをもっと強調したいなと思ったんですよ。

YAMATO:でも面白いのは、NAOTOの曲をラインナップに入れると、やっぱり異質に感じるというか。「最初で最後のダンス」は、NAOTOが投げてくれた曲をベースにTETSUSHIがNEENEEの音に寄せていったんですけど、それでも他の曲とは違っていて、作品の幅がさらに広がったと思います。「こういうチャンプルーもあるの?!」という曲が加わったことで、TETSUSHIにとっても、きっと刺激的だったんじゃないかと思いますね。NAOTOが作詞まで含めて全部やったというのも新鮮でした。あと、レコーディングにもNAOTOがいたんで、この曲ではORANGE RANGEで作業をしているような感覚になりました(笑)。NAOTOもNEENEEでやってる感覚はなかったでしょ?

NAOTO:なかった(笑)。ORANGE RANGEとの違いを感じたのは、レコーディングのときにお菓子がいっぱいあったことぐらいですね(笑)。

ーー(笑)。真面目な話、ORANGE RANGEとは違う場所で活動をすることで、そこでの経験がORANGE RANGEの活動にも反映される部分を感じることはありますか?

YAMATO:ORANGE RANGEはフロントマンが3人いるわけで、ひとりでフロントに立つのは自分にとって初めての経験でした。自分にとっては初めてのバンドがORANGE RANGEだったこともあって、ひとりで人前で歌うというのはこれまでにしたことのない体験で。そのおかげで、より「前へ、前へ」という我が強くなった感じがあると思いますね。

NAOTO:僕もNEENEEでのYAMATOを見ていて、ひとりだから色々と考えているんだろうなと思っていたんですよ。でも、それからORANGE RANGEに帰ってきたときに、よりはっちゃけているような雰囲気を感じました。

YAMATO:ORANGE RANGEでは、フロントの3人の中にも長年やっていく中で生まれた阿吽の呼吸があって、言い方は変かもしれないですけど、何も考えなくて済むんですよ。それに気づいたことで、より自由に振り切れられるようになったんだと思います。NEENEEではみんなコーラスすらしてくれないんで、「ひとりで歌うのって、こんなに寂しいのか」って思っていたので(笑)。だからこそ、NEENEEではひとりで歌をどう表現していくのかを色々と考えていきたいし、ORANGE RANGEに戻ってきたときは、もっと何も考えずに自由に振り切れてもいいんじゃないかな、って思うんですよ。もちろん、NEENEEの場合も、3枚目では誰かが歌ってくれるようになる可能性もあるかもしれないですけどね。

NAOTO:僕からしても、YAMATOがORANGE RANGEとは別に、もうひとつそういう場所を持つことってすごくいいことだと思うんです。だから、「どんどんやってくれ!」という感じですね。これはYAMATOに限った話ではなく、メンバーそれぞれが色んなことをやってくれたら嬉しい。今回のYAMATOもそうだと思いますが、それがミュージシャンとしての成長にも繋がるだろうし、ミュージシャンである前に、人として色んな経験を積むことって、僕はすごく大事だと思うので。

ーーでは、今回のアルバム『N2』に2人が感じる最大の魅力というと?

YAMATO:『N2』はTAKASHIが持ってきた要素が増えたり、NAOTOの曲が加わったり、TETSUSHI自身も作詞をしたりと、新しい要素が加わったアルバムで、英詞ばかりの曲が出てきたのも今回からですよね。そういう新しい挑戦が、このアルバムにはたくさん詰まっていて、よりNEENEEの個性が出たアルバムになったのかな、と思います。だからこそ、これからのNEENEEとしての活動もより広がっていきそうな感じがするというか。

NAOTO:個人的には、 SEIJIさんがどう自分の殻を破るのかも見守っていきたいです。音楽的な知識や経験はある人なので、それが出てくるのか、それとも出ないのか……(笑)。

――結局、2作目を作り終えた時点でも、まだNEENEEがどうなっていくかは全然分からないということですね。そして、それが何よりもNEENEEの魅力である、と。

YAMATO:そうですね。もちろん、メンバーはそれぞれに理想のイメージを持っていると思いますけど、僕としては、これからもっとはっちゃけていけたら嬉しいです。(取材・文=杉山仁)