まさかの形でPKを献上することに【写真:Getty Images】

写真拡大

まるでキャプ翼!? スコットランド2部FW、上半身から決死ダイブ敢行も失敗→PKの珍事

 海外サッカーで、ゴール前の混戦で相手シュートに、なぜか顔から体を投げ出してブロックを試みた選手が、フェイントに引っかかり、相手を倒してPKを献上する珍事が発生。漫画「キャプテン翼」のDF石崎了を彷彿とさせるような決死のディフェンスを、権威ある英公共放送「BBC」公式ツイッターに動画付きで紹介。「ペナルティが与えられた最も奇妙な例では?」と伝え、笑撃が広がっている。

 なぜ、彼は顔から行ったのか。まるでキャプ翼から飛び出したかのようなプレーで、見る者の目を点にさせたのは、スコットランド2部リーグ、カウデンビースのFWジョーダン・ガーデンだった。

 28日のバーウィック・レンジャース戦。0-0で迎えた後半35分。カウデンビースはCKを与え、ピンチを迎えた。放り込んだボールのこぼれから、相手が放ったシュートはゴール右ポストを直撃。混戦となったが、こぼれたボールをエリア境界線付近で拾ったのは相手FWマイケル・マケナだった。ドリブルで侵入し、突破しようした次の瞬間。一番近くにいたガーデンがブロックを試みた。

 ファーストタッチで小さく蹴り出したマケナに対し、ガーデンはシュートで来ると読んだのか、体で止めに行った。しかし、投げ出したのは足ではなく、顔からだった。相手に飛び込むようにしてダイブ。なんとしてでも止める――。そんな覚悟が見え隠れしたが、計算違いだったのは、マケナがシュートを打たず、さらにドリブルで突破を図ったことだった。

“ド根性DF”彷彿のプレーも…イレブン頭抱えて呆然、BBCは矢印付きでスローVTR紹介

 すでに宙を舞っていたガーデンの体は止まらず、最後は背中を向け、進路に塞がるようにして転倒。そのままガーデンを巻き込んで倒してしまった。「ピーッ」と高らかに鳴った主審の笛。まさか――。無情にもPKが宣告され、起き上がっていたガーデンを筆頭にイレブンは一様に頭を抱え、呆然と立ち尽くしていた。

 まさかの形で献上してしまったPK。英公共放送「BBC」は「ペナルティが与えられた最も奇妙な例では? 見て判断しよう」と公式ツイッターに動画付きで紹介した。わざわざ丁寧に矢印付きでガーデンの動きを示したVTRを見ると、勢い良く上半身から飛び掛かり、地面に倒れ込んで綺麗に倒してしまっていることが見て取れる。

 決死の姿は、さながら「顔面ブロック」で知られたキャプテン翼が誇る“ド根性DF”石崎了のようだった。しかし、顔に当てでも止めようという覚悟は不発に終わり、最悪の結果に。まさかの展開に動画を見たファンに笑撃が広がっていた。

 Jリーグや日本代表でも、到底、お目にかかれない珍シーン。試合はこのPKをモノにされたカウデンビースが0-1で敗戦。あり余る闘志が、アダとなってしまった。