犬の食器を洗う時に、なかなかヌルヌルが取れないことはありませんか。洗剤を付けて洗っても、今一つツルツルにならずに、どうしてかなと思うことがあります。これって何が原因なのでしょうか。

今回は「犬の食器がヌルヌルする理由と綺麗に洗う方法」をご紹介します。

犬の食器がヌルヌルする理由って?

犬の食器が洗ってもヌルヌルする理由…実は「バイオフィルム」という「細菌の膜」が原因なのだそうです。

犬の唾液はアルカリ性ですが、このアルカリ性の唾液は虫歯になりづらい代わりに、細菌が繁殖しやすく、歯垢も溜まりやすいとされています。そんな細菌が繁殖しやすいアルカリ性の唾が付いた食器は、当然、細菌も繁殖しやすくなります。

そんな唾液がたっぷりと付いた食器を放置することで、食器の表面もアルカリ性となり、細菌が繁殖していきます。その繁殖した細菌が集まり、前述したバイオフィルムという細菌の膜を形成するのです。また、バイオフィルムは非常に強く結合し、頑固に付着しているため、いくら洗ってもなかなかヌルヌルを落とすことができません。もちろんそんなヌルヌルが取れないということは、犬の食器には細菌やバクテリアなどがしっかりと発生してしている状況ということです。

犬の食器のヌルヌルを綺麗に洗う方法

ヌルヌルの原因は細菌の集まりであるバイオフィルムが原因であることが分かりましたが、このバイオフィルムは膜を破壊しなければ、綺麗になりません。そのため普通の洗剤を付けたスポンジで洗っても、なかなかヌルヌルが落ちないのです。このヌルヌルを除去するためには、バイオフィルムの膜を破壊する必要があります。このバイオフィルムの膜は、いったいどうやったら破壊できるのでしょうか。

洗う前に乾いたタオルで拭く

スポンジで洗う前に、乾いたタオルで犬の食器を拭くことでもバイオフィルムを破壊することができます。乾いたタオルでバイオフィルムを破壊した後にいつものスポンジなどで洗浄すれば、比較的簡単にヌルヌルを取ることができます。

メラミンスポンジで洗う

メラミンスポンジとは、メラミン樹脂で作られたスポンジのことです。キッチンや洗面所の掃除に使用されている方も多いのではないでしょうか。このメラミンスポンジは摩耗することで汚れを落としますので、犬の食器についたバイオフィルムを削り落とすことができます。アクリル製品や漆器には使えないため注意が必要です。

アクリルたわしで洗う

メラミンスポンジと同様に洗剤が不要なことで人気のアクリルたわし。こちらもバイオフィルムを削り落とすことができます。

クエン酸を使う

犬用の食器には洗剤を使用したくない方も多いと思います。そういう方にも取ってもおすすめなのが、クエン酸を用いた洗浄です。酸性であるクエン酸を使うことで、すっきりとヌルヌルを落とすことができます。これはアルカリ性である犬の唾液を酸性のクエン酸が中和してくれるためです。水で薄めたお酢や市販のクエン酸水を犬の食器に吹きかけ、スポンジでこすれば簡単にヌルヌルを落とすことができますよ。

まとめ

洗う前に乾いたタオルで拭くメラミンスポンジで洗うアクリルたわしで洗うクエン酸を使う

犬の食器のヌルヌルは犬の唾液が生み出すバイオフィルムが原因であることが分かりました。食事を与えるものなので、もっとも清潔にしておきたいのが食器ですよね。また、犬の食器には洗剤を使いたくないという方も多くいます。しかし、水だけで洗浄では細菌は消えてくれません。

ぜひ今回ご紹介した方法でバイオフィルムを破壊することを意識した洗浄をしてみてください。また、一番のおすすめは「クエン酸」を使った洗浄です。クエン酸には抗菌作用もあり、水垢や石鹸垢、アンモニア臭まで除去してくれる万能な洗浄グッズでもあります。食器以外のお掃除にも使うことができますし、ヌルヌルが気になる方は一度試してみてくださいね!