春日俊彰、東大合格に向けて本格始動!3人のライバルも登場

写真拡大

フットボールアワー・後藤輝基と羽鳥慎一がMCを務める人気番組『得する人損する人』(日本テレビ系、毎週木曜19:00〜)。11月2日放送の2時間スペシャルでは、オードリーの春日俊彰が本気で東大受験に挑戦する企画が大きく動き出す。

バラエティ番組で「ボディビルダー」「フィンスイミング」「レスリング」といった企画に挑戦。常人離れした身体能力を活かして、多くの記録を作り上げてきた春日だが、この企画では、肉体ではなく、頭脳を用いたチャレンジをすることに。

ついにセンター試験の願書を提出した春日。東大受験を支える、合格請負人の塾講師・時田啓光氏によれば「普通の人が3年かかるところをたった3か月くらいでやりきってくれた。センター試験で獲得できる得点は7割程度」と予想するほど、現在の春日の学力向上を絶賛する。

また、過去問を解いた春日も「以前は、マークシートを塗りつぶす作業、ナンバーズを買っているのかなというくらいに塗りつぶしてましたけど、今回はちゃんと計算して答えを出してる」と手応えを感じている様子。さらに、この日の放送では、春日と同じく東大合格を目指す3人のライバルたちも登場する。