シーザーズ・エンターテイメント・コーポレーションは、日本社長兼代表執行役員にウィリアム・シェン氏が就任したと発表した。

ウィリアム・シェン氏は統合型リゾート(IR)業界で12年の経験を有し、定期的に日本を訪れ、IRへの取り組みをサポートしてきた。6年に渡り、シーザーズ韓国の社長として総括を行い、韓国政府が外国資本へ初めて付与する暫定的IRライセンスの確保にも成功している。今後も韓国での合弁事業の共同最高経営責任者(CEO)として統合型リゾートの開発を統括するものの、六本木の東京オフィスに拠点を移し、政府・地方自治体によるIR実現への協力、パートナーシップに基づく事業開発、日本チームの強化といった役割を担う。

シーザーズは世界で約50ヶ所のカジノ、ホテル、リゾートを運営している。滞在客は年間1億人以上にも及ぶ。東京では5人のフルタイムのチームメンバーが日本進出に向けた取り組みを行っており、香港とラスベガスからのサポートも受けている。