DaVinci Resolve製品事例:Department of PostのHDRポストプロダクションの場合

写真拡大 (全2枚)

Blackmagic Designの発表によると、オーストラリアおよびニュージーランドのポストプロダクション・スタジオDepartment of Postが、HDRポストプロダクションのワークフローの一部としてDaVinci Resolve Studio、DaVinci Resolve Advanced Panel、DaVinci Resolve Mini Panelを使用しているという。

Department of Postは、国内だけでなく世界各地の映画やテレビ制作におけるDIT、編集、オンライン、フィニッシング、カラーグレーディング、オーディオ、納品などの総合的なポストプロダクションのサービスを提供している。最近では、ニュージーランド初となるHDR完全対応のポストプロダクションのワークフローに着手することに焦点を合わせており、DaVinci Resolve Studioをその核として使用している。またHDR形式について説明し、あらゆる予算や規模の制作においてHDRの使用を手の届くものとすることで、国際的な市場に向けてコンテンツをUHD HDRで制作することを推奨している。

同社には、DaVinci Resolve StudioおよびDaVinci Resolve Advanced Panelを組み込んだDCI完全対応のデジタルインターミディエイト・スタジオがあり、また4K HDRポストプロダクション用のテレビ向けグレーディング施設にDaVinci Resolve StudioおよびDaVinci Resolve Mini Panelが採用されているほか、ニアセットDIT部門には5台のDaVinci Resolve Studioが取り入れられている。Department of Postの運営部長ケイティ・ヒンセン氏は、同社のHDRワークフローを、配給業者に合わせて柔軟に対応できるワークフローだとコメントしている。

ヒンセン氏:基本的に、弊社のデイリーとDIT部門が編集のためにフッテージの処理を行い、私たちがフルHDRでデイリーを表示し、それを撮影監督が参考に使用します。これは、クライアントから大変好評を得ています。HDRは比較的新しいフォーマットなので、多くの撮影監督が使用経験が少ないので、拡張されたダイナミックレンジやカラーのニュアンスを掴むのに役立っています。

撮影が完了し、編集が終わるとDaVinci Resolve StudioでメディアをコンフォームしてHDR規格に合わせてグレーディングを行う。

ヒンセン氏:DaVinci ResolveではHDR用にスケーリングしたスコープを搭載していて、さらにEOTF規定を満たすためのカラーマネジメントに対応しています。グレーディング後、マスタリングに必要なレベルの高解像度DSMファイルで書き出します。これはDaVinci Resolveから直接、納品用のマスタリングチームに送ることができます。

その後、DaVinci Resolveのコラボレーティブ・ワークフロー機能を使用して、タイムラインをアシスタント・カラリスト/フィニッシング担当者に送信し、SDR向けのトリムパスを行います。DaVinci Resolveのカラーマネジメントは極めて優れているので、他のシステムと比べて作業の複雑さを除外できます。これは、DaVinci Resolveではカラースペースの切り替えをインテリジェントに行うことができるからです。

同社では国際的な映画、CM、テレビ番組に対してサービスを提供しているため、HDRの全規格(HDR10、Dolby Vision、HLG)での納品に対応可能なHDRワークフローを構築する必要があった。

ヒンセン氏:DaVinci Resolveのカラーマネジメントにより、これはシームレスに実行できました。この3つの根本的に異なるカラーサイエンスのワークフローを扱うポスプロでのフィニッシング過程から、煩雑さを取り除くことができました。

Department of Postでは、すべてのHDRプロジェクトにDaVinci Resolveを使用しています。DaVinci Resolveのカラーマネジメントは非常に優れており、総合的なHDRワークフローに欠かせない役割を果たしています。また、DaVinci Resolveはほとんどのフィニッシング作業にも使用されています。Department of Postでは予算や規模に関わらず、すべての制作において世界で最も優れたツールや技術を使用できるべきだと考えています。そういった理由からWebシリーズ、CM、テレビ、劇場映画を通してDaVinci Resolveを使用しています。先日拡張現実を交えた生放送にも、DaVinci Resolveを使用しました。

Department of Postのワークフローに最近加わった製品にはDaVinci Resolve Mini Panelがある。

ヒンセン氏:DaVinci Resolveのパネルは大小両サイズとも、誰もが大変気に入って使っています。DaVinci Resolve Mini Panelはハイエンドのテレビのグレーディングを飛躍的に向上させました。また、DITのデイリーのカラリスト用にMicro Panelを数台、導入しようと検討しているところです。

現在、国際的な制作ではHDRでのフィニッシングが標準的に行われていることを受け、Department of Postは地元の制作においてHDRへのアシストを行っており、ニュージーランドの撮影監督やポストプロダクション業界のフリーランサーに対してHDRワークフローのトレーニングを行っている。

ヒンセン氏:ニュージーランドでの制作が常に世界クラスの基準を保つサポートを行っており、地元の制作に携わる人々にHDR素材を扱えるツールや、その扱い方を教えています。そうすることで、可能な限りベストな作品を生み出すことに貢献していると考えています。クリエイティブな分野に関わる地元のコミュニティが、オーストラリアやニュージーランドならではの物語を世界に伝えるために最高のスキルを身につけてもらうことが私たちの目標です。