壁にポスターや絵を貼ると、画鋲やピンで壁を傷つけてしまうことも

写真拡大

【写真を見る】クリップをセロハンテープで壁に貼りつけ、クリップと磁石でポスターを挟む/Twitter:@krsm_ttt

アイドル好きなお母さんたちの中には、イベントやライブなどでついつい“ポスター”を買ってしまう人も多いことでしょう。しかし何も考えないで飾ってしまうと、壁を傷つけたりポスターを破いてしまったりと悲しい結果に。綺麗に貼りつけるにはどのような方法があるのでしょうか。

 

■ 壁を傷つけずにポスターを貼るには?

10月19日放送の「くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館」(テレビ朝日系)で、壁もポスターも傷つけずに綺麗に貼る方法が紹介されました。使用するアイテムは、大体どこの家庭にもあるクリップとセロハンテープ、そして磁石の3つ。

まずセロハンテープで壁にクリップを貼り、その上からポスターを被せます。後はポスターの上から磁石で留めていくだけ。こうすることで画鋲で貼った時のように壁に穴を空けることもなく、また剥がす時もポスターを傷つけずに済みます。

これに視聴者からは「もっと早く教えて欲しかった。もう画鋲でポスター貼っちゃったよ…」「これ面白いな。明日友だちに話してみよう」「この方法を試したいがためにポスター買っちゃった」との声が上がりました。

 

■ SNSで定期的に話題になる“ポスターの貼り方”

番組で紹介された方法以外にも、SNS上では様々なポスターの貼り方が話題になっています。まず多いのが、剥がせるタイプの“マスキングテープ”を使った方法。「マステ使うとポスターも傷つかないし、壁も傷つかないから最高!」「ポスター貼りたい人にとってマスキングテープは必須アイテムだと思う」といった声が上がっています。

マスキングテープでそのまま貼るのも良いですが、両面テープを併用すると見栄えも良くなるのでおススメ。まずポスターを裏返して、四辺に両面テープを貼ります。その上からマスキングテープを接着面が上になるように重ね、後は壁にくっつけるだけ。多少手間はかかりますが、上手くいけばポスターが勝手に貼りついているような仕上がりになりますよ。

また多少荒業ですが、画鋲のかわりに“ホッチキス”で壁に貼り付けてしまうという方法も。やり方は簡単で、ホッチキスを180度に開いて針が出る部分をポスターと壁に押し当てるだけ。壁に穴は空いてしまいますが、「穴が見えないほど小さいから気にならない!」「しっかり固定されるし、“目立たないようにしたい”ってだけなら良い方法」と評判です。

そして「壁には穴が空いても良いけどポスターは傷つけたくない!」という人は、画鋲と磁石で留めている人も多い様子。まず先に画鋲だけを壁に打ち込んでしまい、その上からポスターを挟むように強力な磁石でくっつけます。

“ポスターの貼り方”1つをとっても、そこには数多くの技が。みなさんはどのような方法で壁に物をくっつけていますか?