マイケル・ジャクソン、亡くなった有名人長者番付5年連続首位

写真拡大

 フォーブス誌が毎年恒例の亡くなった有名人の長者番付を発表し、2017年の1位が5年連続でマイケル・ジャクソンだったことが明らかになった。

 同誌によると、去年は8.25億ドル(約944億円)でトップだったマイケルの今年の利益は7,500万ドル(約85億円)と大幅に下がったものの、それでも2位に大差をつけている。先日全米で放送されたハロウィン・スペシャル番組、ベスト・アルバムのリリース、米ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユの『マイケル・ジャクソンONE』公演、そして権利を所有しているEMI音楽出版の楽曲が主な収入源とのことだ。

 今年のTOP5にランクインしているミュージシャンは他にエルヴィス・プレスリーが3,500万ドル(約40億円)で4位、そしてボブ・マーリーが2,300万ドル(約26億円)で5位だった。

 2017年のランキングの2位はプロゴルファーのアーノルド・パーマー(4,000万ドル、約45.5億円)、3位は人気キャラクター、スヌーピーの生みの親チャールズ・シュルツだった(3,800万ドル、約43億円)。