花王 パーソナルヘルス事業グループの土江康裕さん

写真拡大

 目元がじ〜んわり温まり幸せ。その心地よさからクセになると評判の『蒸気でホットアイマスク』(花王)。

 蒸しタオルを目にのせた時のじんわり“ホッ”とする温かさを再現したというこの商品は、今年発売10年。累計販売枚数はなんと7億枚超え(※全世界累計、花王出荷ベース)を記録。 10年かけてまさに“じんわり”売れ続けてきた。「発売3年目にバラエティー番組でケンドーコバヤシさんが、これを使うと“眠りにつくまでに10秒もたへん!”とお話されて…」と、同社の土江康裕さん。そこから一気にブレイクし、最近は疲れた人を労う“プチギフト”としても人気が上昇している。

「温度は気分をリラックスできるとされる約40度。目元を温かく包み込むたっぷりの蒸気、伸縮性の高い素材で耳にかけた感じもソフトと、全てにおいて心地よさを追求しました」。

 ヒットの歩み10年史をひもとくと…。

【2007年】蒸気で目元を温める革新的商品が誕生!

【2010年】10秒で夢心地と大ブレイク

 ケンドーコバヤシがTV番組で愛用しているとコメントし話題に。使用者が急増。

【2015年】外国人旅行客のお土産に大人気!

 訪日外国人旅行客が増え、特に中国人に大人気。大量買いしてお土産にする人が多く、海外でも愛用される商品へと一気に成長した。

【2016年】嵐・櫻井翔のCMで男性ユーザーも急増!

 昨年から嵐の櫻井翔をCMに起用。忙しく働くビジネスマンにも受け、オフィスや移動中に使用する男性ユーザーが増加した。

【2017年】頑張っている人を労うプチギフトに

 最近は、頑張っている人にそっと贈るプチギフトとして購入する人が増加。コミュニケーションツールとしても愛されている。

※女性セブン2017年11月9日号