『あんなこといいな 出来たらいいな』 ©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

写真拡大 (全3枚)

日本の現代美術を牽引するアーティスト28組が参加し、“ドラえもんと現代アートの競演”が実現する展覧会「THE ドラえもん展TOKYO 2017」。

2017年11月1日(水)から2018年1月8日(月・祝)まで、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーにて開催される本展には日本の現代美術を牽引するアーティスト28組が参加し、ドラえもんを通じて現代アートの“いま”を切り取る。

いよいよ本日11月1日(水)から開催する「THE ドラえもん展TOKYO 2017」。本記事では展示予定作品のなかからアーティスト・村上隆の作品を先行公開する。

◆村上隆『あんなこといいな 出来たらいいな』

前回の展覧会では『ぼくと弟とドラえもんとの夏休み』と題した作品を出展した村上隆。

前回展作品『ぼくと弟とドラえもんとの夏休み』(2002年)©Fujiko-pro & Takashi Murakami / Kaikai Kiki 2002

そして、今回村上は自身の代表作「お花」と「ドラえもん」を合わせた6m×3mの巨大な作品を制作。

『あんなこといいな 出来たらいいな』 ©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro

本展のメインビジュアルであるこの作品は、村上が、「ドラえもんの作品の中で、一番大切なものはなんだろう、と考えたとき、“藤子先生(藤子・F・不二雄先生)”ご本人だということに気づき、絵に入れた」という通り、作品には藤子・F・不二雄のイラストが描かれている。

ほかにも本作では、漫画を中心とした数々の名シーンやキャラクターが随所にちりばめられており、ドラえもんのファンはもちろん、たくさんの人々が楽しめる作品となっている。