1日も日本株は大幅高。相場は、節目の価格をあらかじめ知ることが重要(写真 : k-hiro / PIXTA)

日本株が好調な値動きになっています。1日の日経平均株価は2万2420円と前日比408円もの大幅上昇となりました。先日、連続上昇記録は「16日」で途切れてしまいましたが、10月相場(21営業日)は19勝2敗の好成績で終えることができました。2敗した10月25日と31日の前日比の下落幅を合わせても100円未満にとどまり、まさに10月は「意外高」だったと思います。次に、この16連騰、月間の上昇日数の記録が更新されるのは、何年後になるのか、といったレベルのすごさでしょう。

バブル崩壊後の戻り高値2万2666円を上回れるか

少し前を振り返ると、日経平均株価は今年7月、1987年以降で最も小さい値幅(高値と安値の差が344円)となりました。ところが、8 月は833円、9月は1241円、10月は1723円と尻上がりに値幅が広がり、7月に蓄積したエネルギーを3カ月で発散するような値動きとなりました。

実は、過去にも、400円未満となった値幅の月から3カ月後以内に1000円以上に動く月がある、「1000円高下の法則」というアノマリーがあったのですが、今年はそれが上昇という形で現れたことになります。さて、ここまでの動きを踏まえ、11月相場はどんな展開が予想されるでしょうか。

10月相場では、2015年の高値2万0868円のフシ目を上回るという、強気サインが発生しました。今年4月の急落時には、筆者がとても重視していた2007年高値1万8261円付近で下げ止まり、そして高値を超えてきたことが大きいと思っています。しかも、過去のフシ目を16連騰で超えた意味はそれなりに大きいといえます。これで投資家の姿勢にも大きな変化が生じることが予想されます。

つまり、高値を更新する前までは、戻り売りの姿勢だったものが、押し目買いの姿勢に変わった可能性が高い。そういう投資家が増えるほど、下値が堅くなるはずです。10月相場に続いて今後重要なことは、バブル崩壊後で最初の大きな戻り高値となった1996年高値2万2666円を上回ることです。

2万2666円が重要と書きましたが、その前の短期的な上値のメドは、2万2113円付近です。これは、1996年高値の2万2666円から2003年安値7607円までの下落幅1万5059円を用いて、リーマンショック直後につけた2009年3月安値7054円から、その下落幅を逆に上昇幅として考えたものです。1日はこの2万2113円を上回ってきました。

もし2万2666円を突破すると、次のフシ目は、アベノミクス相場が始まる前の安値である2011年11月安値(8160円)からの前出の1万5059円を上昇幅として考えた2万3200円付近。さらにかなり前の価格ですが、1990年10月安値と1991年3月高値との中心値(間の値)となる2万3700円付近です。さらに上値をいいますと、2015年6月高値2万0868円から2016年6月安値1万4952円までの下落幅5916円を2015年6月高値に加えた、いわゆる「倍返し」となる2万6800円付近が参考になりそうです。

2万2266円を上回れないと、大きな調整になる可能性も


非営利の団体・日本テクニカルアナリスト協会(NTAA)では「テクニカル分析を学びたい」という読者に随時セミナーを開催。ボリンジャーバンドの開発者であるジョン・ボリンジャー氏を東京と大阪に招く〔11月18日(土)東京・鉄鋼会館、同25日(土)大阪・梅田スカイビル、日本語通訳つき〕。興味のある方はこちらからお申し込みください

筆者が特に重要視しているのは、2万2113円付近です。ここは、今年4月以降の短期的な値動きを用いた計算でも出てくる重要な水準です。1日には明確に上抜けたため、このまま12月に向けて2万3200〜2万3700円付近までは上昇が続く可能性が高まってきました。

ただし、まだ1996年高値(2万2666円)を上回っていません。過去の高値を前に反落するケースもよくあります。重要なフシ目を上回れなかったという失望が、近い将来、大きな調整につながる展開になる可能性があり、まだまだ警戒が必要です。

目先的には、現地時間で11月1日に発表される米10月ISM製造業景況指数や3日の米10月雇用統計、その前の2日発表といわれる次期FRB(連邦準備理事会)の議長指名など、相場に影響大のイベントが3日間も続きます。いよいよ目の前に迫ってきた1996年高値をすぐに超えられるか、超えられないかのどちらかなのですが、正直なところ、どちらともいえず、わかりません。まずは今回挙げたフシ目の価格に注目してください。