慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を支援する韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)は1日、被害者の1人が死去したと発表した。遺族の意向により氏名などは公表しない。

 挺対協によると、亡くなった被害者は17歳のときに自宅から連れて行かれ、タイやシンガポール、ビルマ(現ミャンマー)でつらい体験を強いられた。以後は慰安婦だった過去を隠し1人で生きてきたという。

 韓国政府に登録されている慰安婦被害者239人中、生存者は34人に減った。