偶然、見るからに痛々しい姿をした魚を釣り上げた男性。

彼は私たち人間の何気ない行為が、自然に及ぼす影響について警鐘を鳴らしている。

アダム・ターンブルさんは、カナダ・アルバータ州を流れるサスカチュワン川で1匹のカワカマス(パイク)を釣り上げた。

Adam Turnbull/Facebook

この魚、パッと見て何か違和感がある…。

胴の一部がえぐれているのだ。

Adam Turnbull/Facebook

そこは深く傷付いており、何かが巻き付いているのがわかる。

実はこれ、スポーツドリンクのペットボトルのラベルの一部。要するに、プラスチックごみである。

Adam Turnbull/Facebook

これが魚の胴体に巻き付いてしまったというわけだ。

ごみを取り除くと更に痛々しい姿に。

Adam Turnbull/Facebook

アダムさんはこの時の様子をFacebookに投稿。

ごみのポイ捨てはやめて。

これはスポーツドリンクのラベルの一部。

ごみ箱に捨てるまで、ポケットに入れておいても支障ないくらいの小さなごみだ。

魚からごみを取り除き、再び川に帰したアダムさん。ショッキングな魚の姿を見て1人でも認識を改めてほしいと、投稿をシェアするよう呼び掛けている。

投稿には2400人がリアクションし、シェア数も1万4000回を超えた。複数の海外メディアも取り上げている。

「こんな小さなごみが自然を破壊するなんて恐ろしい」「魚の健康状態が心配」「これはショッキングで悲しい」と、人々に驚きと衝撃を与えている。