帰還した湘南の守護神、“二度目のJ1昇格”に涙 「危機感しかなかった」

写真拡大

昇格決めた岡山戦でもビッグセーブ連発のGK秋元 “有言実行”のJ1昇格を果たす

 一度、二度、三度――いったい幾度、決定的なシュートを止めただろう。

 29日に行われたJ2第39節、ホームにファジアーノ岡山を迎えた一戦で、湘南ベルマーレのGK秋元陽太はその鋭い反応を披露し続けた。後半41分に唯一喫した失点も、一度は弾きながらこぼれ球を詰められたもの。「今日は秋元くんが素晴らしかったと思います」と岡山の長澤徹監督も称えるほどの活躍で、勝ち点奪取と優勝に貢献した。

 2014年から2シーズンを湘南で過ごし、J1昇格とJ1残留に大きく貢献した。FC東京でプレーした昨季を経て、湘南から再び届いたオファーに応え、今季ライトグリーンのユニフォームに袖を通した。

「去年まったくチームに貢献できなかった僕に早くから声をかけてくれた。本当にうれしかったですし、湘南をJ1に上げたい、結果で恩返ししたいという想いはすごく強い」

 背番号1を纏い、副将も託された。年齢的にも30歳を迎える今季の責任感は、14年からの2シーズンとは明らかに異なっていた。

 だが、チームの道のりは険しかった。開幕間もない3月に主将の高山薫と、盟友の藤田征也が怪我で離脱した。そして秋元自身も第7節東京ヴェルディ戦で右手小指を骨折してしまう。

秋元に訪れた転機 「責任を感じていた」

「じつは痛かった」と、後に明かしている。

「薫が怪我をしてしまい、自分がどうあるべきかをすごく考えていたなかで指を痛めてしまった。でも公表せずにプレーしていたので、やると決めたら絶対弱音を吐かずにやろうと思っていた。試合に出る以上は後ろでどっしり構えなければいけないし、GKはゲームを壊してしまうポジションなので慎重にプレーした」

 勝ち点を積み上げながらも、失点を喫する試合は少なくなかった。チームとして球際や詰めの一歩を見つめ直すなかで、ひとつの転機が6月上旬に訪れる。高山に代わりゲームキャプテンを担ってきた副将の菊地俊介も戦列を離れたのと前後して、第17節V・ファーレン長崎戦(1-1)では相手のシュートにDFが寄せ切れず、ゴールを許した。

 だが秋元は言う。

「あれは自分が絶対に止めなければいけなかったので、ものすごく責任を感じていた。チームを救う1本をもっと自分が止めなければいけないし、攻められても落ち着いて後ろでどっしり構えることがこのチームにとって大事だと、改めて思った」

 すると続く第18節のアウェー徳島ヴォルティス戦で、秋元はビッグセーブを重ね、1-0と無失点勝利に貢献した。この試合からキャプテンマークは、その左腕に巻かれていた。

「このチームでもう一度J1の舞台に…」

 今年は本当にきつかったと、秋元は率直に言った。

「毎試合必死すぎて、余裕というものがなかった。首位だからという気持ちは全くなく、危機感しかなかった」

 そして、こんなふうに続けた。

「……でも、このチームでもう一度J1の舞台に立ちたいという思いがすごく強い。それが一番、自分を支えていることかもしれない」

 優勝を告げる長い笛が響くと、“背番号1”はこれまで幾度もチームを救ってきた両腕を力強く突き上げた。仲間と喜びを分かち合い、白い歯も浮かぶ。だがベンチに戻りマイクを向けられると、これまでずっと胸にしまっていたであろう感情が目にあふれた。その姿が、秋元の今季を何よりも雄弁に語っていた。

【了】

隈元大吾●文 text by Daigo Kumamoto

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images