画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは10月31日(現地時間)、Android端末とBluetoothデバイスのペアリングがより素早く行える新機能「Fast Pair」を発表した。Android 6.0以降、およびAndroidのシステムアプリ「Google Play Services」の11.7以降を備えた端末で、この機能を使える。

BluetoothイヤホンやヘッドホンもFast Pairに対応している必要があり、2017年11月1日現在、Googleのワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」と、デンマーク・Libratone社のワイヤレスヘッドホン「Q Adapt On-Ear」で使用できる。また、間もなく米国・Plantronics社のワイヤレスヘッドセット「Voyager 8200」シリーズも対応するとしている。

Fast Pairに対応したBluetoothイヤホンやヘッドホンを起動させ、Android端末の近くに寄せると、端末がBLE通信(Bluetooth Low Energy)をスキャンし、Fast Pairパケットを検知。Android端末に「Tap to pair」という文字が表示される。ユーザーはそれをタップするだけでペアリングできる。