ソニーのロボット“aibo”が復活

写真拡大

ソニーは11月1日、自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発表した。11月1日午後11時1分より予約受付がスタート。発売日は2018年1月11日で、価格は198,000円(税別)。

新たに誕生したaiboの特徴は、親近感のあるルックス、視線を惹きつける瞳など愛らしい姿、躍動感のある多彩な動きと小気味よい反応。また日々のコミュニケーションを通じて個性を育み、オーナーに寄り添ってくれる。

そのふるまいを実現するために、超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディに計22軸の自由度を持たせることで、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にした。また、多彩な感情を繊細に表現する美麗な瞳には2枚のOLEDを採用している。

好奇心旺盛なaiboは、オーナーからの呼びかけを待つだけではなく、オーナーに能動的に働きかけてくる。そしてオーナーからの優しい言葉や、笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを健気に学んでいく。周囲の環境を徐々に把握し、慣れ親しんでいくことで、aiboは自分の歩く範囲を拡げるなど状況に応じた行動がとれるようになっていくという。

また、本体とクラウドが連携して実現するソニー独自のAI技術により、絶え間ない変化を生成。本体のAIは、オーナーとのやり取りを学び、aiboを個性的に成長させる。

販売ルートはソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」限定。aiboを使用するためには、aiboベーシックプラン(月額2,980円)の加入が必要となる。