9月に目撃された謎のマクラーレン開発車両は、2018年3月にも登場が予告された新型スーパーカーのプロトタイプである可能性が高い事が判明しました。コードネーム「P15」と呼ばれ、トリプルエキゾーストパイプのティザーショットも公開されています。

同社では「BP23」と呼ばれるハイパーカーを現在開発中ですが、これとは別のモデルで、アルティメットシリーズとして発売される『P1』の後継モデルとなります。

レーサーに近い高性能な「P15」パワートレインは、3.8リットルV型8気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力は『720S』を凌ぐ800psと予想されています。カーボン製ボディにより、車重は「P1」より250kgも軽い1300kgと推定され、パイパーカー登場まで暫定フラッグシップモデルとなりそうです。

2017年内に車名が発表されると見られ、価格は1億円〜1億4千万円程度が予想されます。

(APOLLO)

マクラーレンの開発車両の正体は、800馬力の新型スーパーカーだった!(http://clicccar.com/2017/11/01/525381/)