「株が上がった」 田中のとった行動が、優しさに満ち溢れていて話題沸騰

写真拡大

2017年10月29日に放送されたTV番組『サンデージャポン』(TBS系)で、番組アナウンサーが体調不良に見舞われるハプニングが起こりました。

司会を務めている田中裕二さんの、その時にとった行動が話題になっています。

『女性に惚れられる優しさ』に、納得の声

番組の中盤で、次のVTRの紹介を読み上げていた吉田明世アナウンサー(以下、吉田アナ)。

突然、読み上げる速度が遅くなり、ついには言葉を続けることができなくなってしまいます。

異変に気付いた田中さんが「大丈夫ですか」と声をかけるも、吉田アナは、ろれつの回らない状態でした。

突然の事態に、焦る吉田アナ。その時、田中さんは彼女の手を取ると、「座って」と優しくうながしました。

たとえ番組の進行が途切れても、吉田アナの身を第一に考えて行動した田中さんに、たくさんの人が感動しました。

私の中の、田中さんの株が急上昇した!田中さんの介抱に優しさがにじみ出てる。突然の事態にどう対応するかで、人間性が出るよね。タレントの山口もえさんが、なんで田中さんと結婚したのか、いま分かったよ!

産経新聞によると、吉田アナは貧血だったとのこと。タクシーで病院に向かった後、自宅へ戻ったそうです。

翌日放送したTV番組『ビビット』(TBS系)に出演した吉田アナは、心配をかけてしまったことへの謝罪と、回復したことを報告しました。

体調は、コントロールしきれない部分があります。ネット上では、吉田アナの体調を心配する声もたくさん挙がっていました。大事に至らず、本当によかったですね!

[文・構成/grape編集部]