犬がそっぽを向く時の心理

愛犬の様子を観察していると、「今まで一緒に遊んでいたのに、愛犬が急にそっぽを向いてしまった」「散歩中にせっかく他の犬に出会ったのに、そっぽを向いている」ということはありませんか?

しかし、この行動はただ単にコミュニケーションをとりたくないという意思表示だけではないのです。

1.「もう怒らないで」

もしも愛犬が叱られている時にそっぽを向く場合、自分の心を落ち着かせる為にそっぽを向くだけでなく、相手の気持ちを宥めようとそっぽを向いている可能性もあります。

犬にとって「反省する」という概念はありませんが、怒られている時にそっぽを向き、相手を宥めようとしているということは、「わかっているからもう怒らないで欲しい」というサインの現れです。

そのため、「これをしたから飼い主さんに怒られている」という自覚は持っているという証ですので、そこで叱る事を止めてあげても良いでしょう。

2.「あなたと仲良くなりたいだけです」

散歩中、他の犬と出会った時にそっぽを向くのであれば、相手に自分は敵意がないことを伝え、仲良くなりたいという意思を示しているのです。

犬にとってそっぽを向くという行為には、「こちらも攻撃することはないので、あなたも攻撃しないでくださいね」という意味合いも持っているため、事前に攻撃を回避する目的もあるのです。

初対面の人間同士でそっぽを向いてしまうと失礼に当たりますが、犬同士の間においては上手なコミュニケーション術であるということになります。

3.飼い主を上の立場と認めている

飼い主と一緒にいる際、急に目をそらすいうことはありませんか?犬は元々集団で行動していた動物です。集団行動の中でリーダーが決められ、自分よりも上の立場である者には、「あなたには逆らいません」という意味を込めて目を反らす様にしていたと言われています。

飼い主と一緒にいる時にそっぽを向く場合、飼い主であるあなたのことを家のリーダー、または自分よりも上の立場であると認めていることを意味しているのです。

4.嬉しいと感じている

人間の感覚から見ると「嬉しい!」と感じた時にそっぽを向くという心理は理解しがたいものがありますが、犬は嬉しいと感じた時にもそっぽを向くことがあります。

なぜそっぽを向くのかと言いますと、「嬉しい!」と感じるあまり、興奮しそうになっているため、その興奮を自分で抑え、気持ちを落ち着かせるよう、この仕草を行っているのです。

見分ける方法はそっぽを向きながらも、尻尾を思いっきり振っているかどうかというところで判断できます。目線を反らしていても、尻尾は犬の感情に嘘をつくことはできませんので、犬の感情を判断する重要な部位となります。

また嬉しい時にそっぽを向く犬は、興奮しないよう自分で感情をコントロールしているということですので、しっかりしつけができているということでもあります。

5.聞こえないふり

しつけをする時など、飼い主が声を掛けているのにそっぽを向くのであれば、犬がその行為に対して困っていたり、苦手意識を持っている可能性があります。

人間も例外とは言えません。誰しも苦手だと感じている事は避けたいと思うことが1度はあるでしょう。この時の犬もその状況に陥っており、聞こえないふりをしてやり過ごそうとしているのです。

これを放っておいてしまうと、今後も聞こえないふりをし、やり過ごそうとしてしまう犬に育ってしまうので、放置せず、「こっちを向いて」としっかり伝えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように犬がそっぽを向く時、必ずしも「今はコミュニケーションをとりたくないなぁ」という気持ちとは限りません。むしろ多くが相手とより良い関係を築くための行動と言えます。したがって、無闇矢鱈に「話を聞いてないの?」と怒るようなことはやめてあげてくださいね!