本誌でも活躍中の平野紗季子さんが今年手にしたなかで最も心に残った手みやげをセレクト! 乙女心に響くラブリーなお菓子が大集合。

一瞬で相手の心をつかむ、乙女感あるスイーツを。

「手みやげは自分が本当に好きなものを、相手と共有する気持ちで届けたい」と、フードエッセイストの平野紗季子さん。

「大好きな菓子店に寄るときは、日持ちがするものを多めに買っておきます」

大切にしているのは、ひと目で心をつかむビジュアル。たとえば、

「クッキーは個包装ではなく箱詰のほうが、断然インパクトが大きい。食べるまでの体験もデザインされているものが、手みやげに向いていると思います」

最近とくに喜ばれるのは、

「個人のアトリエなど小規模体制で作られる、ガーリーな雰囲気のお菓子。味はもちろん包装にもこだわり、期間限定など入手しづらいものが多いようです」

平野さんが今年注目した、乙女ムード漂うスイーツをご紹介。

【とうもろこしのムースサンド】オー・ギャマン・ド・トキオ

素朴な姿も愛らしい、ビストロ生まれのお菓子。

人気のビストロのスペシャリテから生まれたサンド菓子。なめらかなとうもろこしのムースを、コーンフレークが入ったサクサクのサブレで挟んである。「とうもろこしの味が甘く濃く、おおらかなおいしさ。女性はみんな好きなはず」。冷凍で販売、そのままアイスサンドとして味わっても。お酒にも合う。ほかに4個入り、10個入りがある。6個入り¥1,800。東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan 2F エキナカ(JR新宿駅構内) TEL:03・6380・0045 8:00〜22:00(土・日・祝日〜21:30) 無休 

【カヌレ】ダニエル

味わいを選ぶのも楽しい、憧れのカヌレ山脈。

「同じサイズのカヌレがぎっしりと並ぶ“山脈”に、胸が高鳴ります。入手しづらいぶん、贈るときの喜びはひとしお」。抹茶やカカオなど定番の4種と季節で変わる4種の詰め合わせ。ほかに10個入り、35個入りも。オンラインストアで購入可能だが、現在冬季繁忙期につきカヌレの取り扱いは休止中。再開は来春以降の予定。20個入り オーバル¥2,300。兵庫県芦屋市三条南町5-1 TEL:0797・35・4333 10:00〜18:30 月・火曜休 

【herbarium】cineca

花言葉を添えて、大事な人への贈り物に。

大好きな映画から得たインスピレーションを形にするお菓子アーティスト・土谷みおさんが作る、エディブルフラワーを閉じ込めたキャンディ。「ブローチのように美しく、宝石箱にしまっておきたくなります。大切な人に、心を込めて贈りたい品です」。月に1度オープンするショップのほか、イベントなどで販売。詳細はウェブやSNSで確認を。各ひと粒入り(Sサイズ)¥1,500(税込み)。東京都台東区浅草4-2-7  TEL:なし オープン日により異なる 不定休 

平野紗季子さん フードエッセイスト。食への飽くなき探究心全開のブログで人気。本誌連載「Food news」も担当。著書に『生まれた時からアルデンテ』(平凡社)。

※『anan』2017年11月8日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・中根美和子 文・新田草子 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)