英ロンドンの英国庭球協会を訪問し、子ども向けのテニスの練習に参加するキャサリン妃(左、2017年10月31日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英王室のキャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)は10月31日、ロンドン南西部のナショナルテニスセンターにあるテニスの国内統括団体、英国庭球協会(Lawn Tennis Association、LTA)を訪れた。同協会の目的や最近の活動について説明を受けたほか、コート施設でデモンストレーションを見学し、テニスの練習にも参加して子どもたちと交流した。
【翻訳編集】AFPBB News