ドイツに行った友人が「毎日ジャガイモとソーセージとザワークラウトとビールしかなくつらかった」と話していたとの投稿がSNS上になされました。しかし、このユーザーが、毎日鮭弁当を食べている日本在住のドイツ人にその理由を聞いたところ「日本人は毎日違うもの食べてて疲れる」との回答が。「毎日同じもので育つと違うものにストレスを感じるんだなーって新しい気付きでした!ほんまに裏表!」とツイートすると「これが文化の違いというやつか」「多様な食文化にどっぷりと浸り過ぎなのかもしれません」などと共感する声が上がりました。

 日独の食文化は実際にこれほど異なるのでしょうか。オトナンサー編集部では、科学する料理研究家のさわけんさんに聞きました。

変化を好まない保守的なドイツ人

Q.ドイツの食文化の特徴を教えてください。

さわけんさん「ドイツは欧州でも比較的低温で、イタリアやフランスに比べると野菜やフルーツが育ちやすい環境ではありません。ドイツ人が食べる野菜はキャベツとジャガイモがメインで、キャベツはシュークルート、100種類弱あるジャガイモは、ゆでたり潰したりソテーしたりとさまざまな方法で調理されます。肉は豚肉が多く、ローストやグリル、煮込みからハム、ソーセージに至るまで、あらゆる部位をさまざまな調理法で食べます。パンの種類も豊富でおいしく、北の地域はタラやニシン、南の地域は川魚、という具合に魚も食べます。そして、各地にはそれぞれの郷土料理があります」

Q.投稿にあるようにドイツ(人)の食文化はワンパターンなのでしょうか。

さわけんさん「ワンパターンだと思われているのは『保守的』で『味つけが単純』だからではないでしょうか。ドイツ人は食に関して保守的な傾向があります。あまり変化を好まず、年配の人は外国の料理を食べたことがない人もいます。ピザやパスタが全域、全年代に浸透している日本では考えられませんが、隣国のイタリア料理を食べたことがないドイツ人はたくさんいます。そんなお国柄なので、同じものを食べ続けることが苦ではなく、むしろ合っているのかもしれません。手に入りやすいものを毎日食べるのは日本と同じなので、ジャガイモとキャベツと豚肉に偏るのは必然なのでしょう。さらに、ドイツ人は基本的に薄味を好み、刺激のあるものを避ける傾向にあります。それに応じて、お店も塩コショウのみの薄味で低刺激のものを売ります。世界の料理があふれ、まずい物にはめったに当たらない環境で育った日本人がドイツに行くと、最初は塩コショウ味だけでもおいしく食べられますが、だんだんジャガイモばかり目につくようになり、ワンパターンな味付けに飽きてくるのかもしれません」

Q.日本人はドイツの食文化を楽しめませんか。

さわけんさん「日本人が、ドイツでおいしい料理を食べられるかどうかは予算や滞在期間にも影響されます。低予算だと当然、おいしい料理にありつける確率は下がります。スケジュールが詰まった仕事旅の場合、現地で案内してくれる人がいるかいないか、いる場合はその人のセンスに左右されます。いずれにせよ、短期間の旅で各地のおいしい料理を食べ歩くことは困難です。また、現地に住んだ場合も、行動範囲に自分好みのおいしいお店を発見できなければ、期間が長いだけにドイツのイメージが悪化します。その結果、旅行ガイドやネットなどに『ドイツ=イモと豚肉ばかりでおいしくない、ワンパターンだ』という評価が増えるのでしょう。ただ、お金と移動時間を惜しまなければ、バラエティーに富んだ美食の旅もできますよ。ドイツにもミシュラン星付きレストランがあり、おいしい郷土料理のお店もあります。また、パンやハム、ソーセージがおいしいのでホテルの朝食はオススメです」

野菜の種類が多く、調味料豊富な和食

Q.日本の食事はバリエーションを重視しすぎなのでしょうか。

さわけんさん「バリエーションが重視されているわけではなく、さまざまな料理が選択可能な状況だと思います。日本の1食が『ご飯+メイン+小鉢2種+汁』だとすると、ドイツの1食は『パン+メイン+サラダ的な前菜++スープ』で数としてはそれほど変わりません。しかし、ドイツはイモが必須で味付けが塩コショウなのに対し、和食は野菜の種類が豊富なほか、メインのおかずに『甘』『辛』の調味料、小鉢にポン酢、汁にみそなど味付けする調味料が豊富です。つまり、同じような味の素材でもまったく違う料理として楽しむことができ、バラエティー豊富な感じがあります。また、日本の食卓にはさまざまな国の料理が出てきます。元々日本料理があり、その後、西洋料理が洋食として定着、そして旅行や駐在を通して東南アジアなどの料理に触れる機会が増え、お店も増えます。スーパーなどには、簡単にできる『素』やキットが販売され、レシピが流通する結果、料理のバラエティーが豊富になるわけです。ドイツなど欧州諸国では、自国以外の料理といえば支配地域だった国の料理か中華料理くらいで、家庭料理としての広がりは見られません」

Q.健康に良いのは日本の食文化でしょうか。

さわけんさん「定義にもよりますが、一般的にはバランス良く何でも食べて、過食はせず、適度に運動することが健康に良いとされています。そうすると、さまざまな選択が可能な日本の場合、選び方次第では健康にも不健康にもなり得ます。全体としては、選択肢の多い日本パターンの方がよいかもしれませんが、塩分濃度が高い点は要注意ですね」

(オトナンサー編集部)