桂正和の代表作『電影少女』野村周平主演で実写ドラマ化

写真拡大

桂正和原作の『電影少女』が、テレビ東京の「土曜ドラマ24」枠(毎週土曜24:20〜)で実写ドラマ化。主演に野村周平を迎え、2018年1月クールに放送されることがわかった。

『電影少女』とは、『ウイングマン』『I”s』など週刊少年ジャンプ黄金期を支えた作家である桂の代表作。1989年から1992年まで連載され、累計発行部数1400万部を誇るSF恋愛漫画の金字塔だ。ドラマでは、原作の25年後である2018年の世界を描く。

野村が演じるのは、原作の主人公・弄内洋太(もてうちようた)の甥で、高校生の弄内翔(もてうちしょう)。叔父の家で見つけた1本のビデオテープを再生してみると、25年前に封印されていた“ビデオガール”が画面から飛び出してきて……!? 時を経て現代に蘇った“ビデオガール”と2018年の普通の高校生の、ひとつ屋根の下の不思議な生活が始まる。

出演が決まり、「今回は若い役者さんが多く出演するドラマなのでみんなで楽しくやっていけたらと思います」と語った野村。演じる役については、「両親が離婚していることもあり、何か心に抱えているような、殻に閉じこもっている高校生です。ですが、ビデオガール・アイと出会い一緒に過ごしていくうちに、彼は段々と変わっていきます」と説明。「原作ファンの皆さんの期待を裏切らないように、精一杯演じたいと思います。楽しみに待っていてください」と視聴者に向けて呼びかけた。

原作者の桂は「思い出深い作品なので、ドラマになることがすごく嬉しいです」と喜びをあらわに。「コンセプトが面白くて期待大!! 脚本を読ませていただいた時から、どんな人が演じるんだろうと、あれこれ想像してましたが、イメージピッタリで、ワクワクしてます!!」と、放送を心待ちにしているようだ。

今回脚本を手掛けるのは、『ディストラクション・ベイビーズ』『幕が上がる』などの話題作ほか、『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した喜安浩平が担当。そして監督は、独特の世界観とスタイリッシュな映像でPerfumeや星野源をはじめ、名だたるアーティストから絶大な支持を得ている映像作家・関和亮が務める。