aibo

写真拡大 (全4枚)

ソニーは、かつて販売し人気を博した犬型ロボット「AIBO」進化させた新型「aibo」を2018年1月11日に発売する。これに先駆けて予約受付をソニーストアオンラインで11月1日23時1分から開始する。価格は税別19万8000円となる。

エンタテインメントロボット「aibo」は、親近感のあるルックスや視線を惹きつける瞳など、より愛らしいフォルムに進化。豊かな表情と躍動感のある動きが特徴で、日々のコミュニケーションを通じて個性を育みオーナーの唯一無二のパートナーに成長する。

「aibo」のデザインは、従来よりも丸みを帯び、生命感あふれる佇まいと質感に進化。くるくると動く瞳、個性的な鳴きごえ、体全体で表現するボディランゲージを組み合わせた“ふるまい”など、生き生きとした表情と躍動感に満ちた動きをみせる。オーナーを魅了するふるまいを実現するために、「aibo」は合計22軸の可動部を備え、滑らかで柔らかな身体の駆動を可能にしている。また、多彩な感情を繊細に表現する瞳には2枚のOLEDを採用している。

また、オーナーからの呼びかけを待つだけではなく、能動的に働きかけることも特徴。優しい言葉や笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを健気に学ぶ。周囲の環境も徐々に把握し、慣れ親しんでいくことで、「aibo」は歩く範囲を拡げるなど状況に応じた行動がとれるようになる。

さらに、触れ合いを重ねていくことで「aibo」のふるまいは徐々に変化。オーナーのやさしさに愛情を返すようになり、愛情を感じると、より深い愛情を返すようになるなど絆を深めていき、唯一無二のパートナーの成長する。この絶え間ない変化は、ソニー独自のAI技術で実現。本体のAIはオーナーとのやり取りを学び「aibo」を個性的に成長させ、クラウド上のAIが集合知として蓄積することで「aibo」をさらに賢く進化させる。

「aibo」は、ソニーストアにて19万8000円で11月1日23時1分から予約受付を開始。これに加えて、ネットワークを通じて「aibo」の成長などをサポートする「aiboベーシックプラン」(3年一括で9万円)への加入が必須となる。また、不具合や故障が発生した際に修理代が割引となる「aiboケアサポート」や、骨型のおもちゃ「アイボーン」がオプションとなっている。