ドイツ&J2経由で日本代表初参戦へ 「恩義がある」浦和で長澤が切り拓いた“輝ける場所”

写真拡大

浦和でぶち当たった選手層の壁 前体制ではストッパーで起用される日々

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、11月の欧州遠征に浦和レッズのMF長澤和輝を招集した。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)での活躍によって一気に脚光を浴びた感のある長澤だが、今季加入した浦和では夏過ぎまでほとんど出場機会のなかった選手だ。

 浦和への加入は、厳密には昨季になる。専修大学時代に特別指定選手としてプレーした横浜F・マリノスでは、ヤマザキナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)で1試合プレーしたものの、Jリーグではプロ契約せず、2014年にブンデスリーガのケルンに加入した。ドイツでも存在感を放っていたが、左膝靭帯の負傷もあり、16年1月に浦和が獲得。しかし選手層の厚さ、負傷明けであったこと、日本サッカー(Jリーグ)への慣れという観点から、初年度は浦和でプレーせずにJ2のジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍という形を取った。

 千葉でレギュラーとしてプレーし試合感覚などは取り戻した一方で、今季に“戻ってきた”浦和では選手層という要素は変化していなかった。ミハイロ・ペトロヴィッチ前監督は3-4-2-1システムを採用していたが、ダブルボランチはMF阿部勇樹とMF柏木陽介がファーストチョイスで、次にMF青木拓矢という序列がハッキリしていた。さらにファジアーノ岡山への期限付き移籍から復帰したリオデジャネイロ五輪代表MF矢島慎也も同時期に浦和に戻ってきたため、ボランチは長澤を含めて5人で2枠を争う状況になった。

 かといって、一列前の2シャドーでプレーしようにも、さらなる人数の飽和状態にあった。ペトロヴィッチ前監督は普段のトレーニングで、紅白戦をベースにメニューを組み立てるタイプであり、そうするとボランチが一人余ってしまう。長澤はボランチに入れなかった日には、控え組の右ストッパーを務めていた。チームのメンバーをガラッと入れ替えた天皇杯のゲームでも、ストッパーからスタートしてハーフタイムでボランチという試合もあり、満足な出場機会を得られる状況からは程遠かった。

転機は監督交代、ACLで示した球際の強さ

 確かに、ペトロヴィッチ監督のチーム戦術で、長澤をストッパーで起用する采配には疑問は大きかったが、ボランチでもシャドーでも特性が生きていたとは言い難かった。ボランチにはサイドチェンジによるゲームメイク能力が要求され、シャドーには高い位置で我慢して味方のボールを待ち、1タッチでの崩しが要求された。そうした時に、監督交代により堀孝史監督がインサイドハーフを置くシステムに変更したのは、長澤にとって大きな転機となった。

 ハリル監督も絶賛したACLでの上海上港(中国)戦がその典型で、特にホームでの第2戦では25回にもわたってデュエルを仕掛けたデータが残っている。

 ケルン時代に屈強な選手たちとの戦いに慣れている長澤は、後ろにアンカーがいる状態で積極的にボール奪取に出て行き、ドイツの緩いピッチで培われた重心の低いドリブルでボールを運んで攻撃につなげる。ハリル監督は「守備も攻撃も本当に運動量が豊富な選手です」と評価し、インサイドハーフを置く4-3-3システムを導入した際には、打ってつけの選手であるという印象を強く持っているようだ。

 メンバー発表会見でもハリル監督は、「ここ4、5試合、それより前は見ていなかったです。ACLの出来で、本当に良いと思いました」と、ここにきて注目した存在であることを明かしている。だがそれは、急成長というよりも能力を発揮できる条件が最近になって整ったという見方が正しいのだろう。

 出場機会のない時期にも「ケルンから戻る時に獲ってもらった浦和には恩義がある」と、妥協せずにトレーニングを続けてきたことが今につながる。上昇気流に乗った長澤は、ハリルジャパンにも新風を巻き込んで、その地位を確立することが期待される。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images