彼氏が年上の場合、上手に甘えてあげたり、さりげなく褒めてあげたりするとかなり喜んでくれるはず♡

男心をくすぐって、もっと“愛され女子”になっちゃいましょう!


出典:https://www.shutterstock.com

今回は、“年上の彼氏が喜ぶ言葉”をご紹介します。

 

■「あなたがいてくれて本当に助かった」

彼氏に助けてもらったあとなどにお礼を言うという人は、きっと多いはず。もちろんお礼を言われるのは嬉しいことですが、さらにプラスの言葉をつけてあげられると、年上彼氏もかなり喜んでくれるでしょう。

“ありがとう”とお礼をしたあとに「あなたがいてくれて本当に助かった」と褒めてあげることで、“本当に頼りになる”という思いをしっかりと伝えることができるはずですよ。

 

■「そうなんだ!知らなかった!」

年上彼氏がなにか話をしているときに、「そうなんだ!知らなかった!」と“もっと早く知りたかった!”というようなリアクションをとる。それだけで年上彼氏はかなり嬉しく感じることでしょう。彼女に知らないことを教えてあげているという優越感も味わえるはずです。

さらに「何でも知ってるんだね!」と付け加えることで、彼氏の喜びも増すはず。逆に、もしも知っていた話だったとしても「それ、知ってるよ」などと言ってしまわないように注意しましょう。

 

■「教えてほしいんだけど…」

年上の彼氏に対しては、やはり頼ってあげることが大切です。彼女に頼られたら自分の存在価値を感じられますし、自分を敬ってくれているような気持ちに浸ることができます。年下の彼女のことを、かわいらしいとも感じることでしょう。

頼るうえで最も効果的なのが“教えてほしい“という姿勢を見せること。年下の彼女にちょっと甘えられながら教えてほしいと頼られたら、なんとかしてあげたいとも思うはずです。特に彼氏の得意分野のものを教わろうとすると、男心をグッとくすぐることができるでしょう。

 

■「こんなに楽しいのは初めて!」

女性の“初めて”が好きという男性は多いものです。さまざまな部分で、自分が“彼女にとって初めての男”になりたいと思っているでしょう。だからこそ「こんなに楽しいのは初めて」や「こんな素敵なお店、初めて来た」なんて言われると、心の中ではガッツポーズをしているかも。

“初めて”という言葉の中には“他のどの男性よりもあなたが一番”という意味も含まれており、年上彼氏がかなり喜ぶポイントと言えます。彼女の知らないことをたくさん教えてあげたいと思っている年上彼氏は多いもの。「初めて」という言葉はかなり響くはずですよ。

 

年上彼氏の多くは、彼女に“頼られたり甘えられたりしたい”と思っているものです。その期待に少しでもこたえてあげるようにすると、今まで以上にあなたへの愛情も深まっていくでしょう。

【画像】

※ Ivanko80/shutterstock