スマホ単独で確定申告ができるようになります。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、国税庁は現在のシステムを刷新し、2019年1月からスマホを使って確定申告ができるようにするそうです。
これは副業の広がりで確定申告が必要な人が増えていることを受け、本人確認のためスマホでマイナンバーカードを読み取って電子証明書を取得し、国税庁が開設したスマホ用の申告書作成ページを用いて申告できるようにするもの。
なお、マイナンバーカードの読み取り機能があるスマホは現在十数機種しかなく、iPhoneは非対応のため、国税庁や総務省はカード読み取りができるスマホの普及をメーカーに求めていくとのこと。
しかし肝心のマイナンバーカード普及率が10%未満にとどまるなど、普及にあたってのハードルは決して低くないようです。

【ついに「スマホで確定申告」可能に、ただしiPhoneは非対応】を全て見る