″鍋はみんなで囲むもの″はもう古い!?2017年ストレスフリーな「一人一鍋」の時代の幕開けだ!

写真拡大 (全32枚)

寒くなると食べたくなる料理といえば・・・そう「鍋」ですよね〜♪毎年続々と新しい鍋が登場していますが、2017年は一体どんな鍋がくるのか?

Rettyグルメニュースでは先日、人気のもつ鍋に続き、火鍋、せり鍋に注目と発表したばかり。詳しくはこちら▶︎https://retty.news/34649/

そこで今回、食トレンドの情報収集に余念のないイマドキ女子大生と、イマドキの最新鍋を徹底ルポしてきました!

左からりょうこちゃん、このみちゃん、まゆこちゃん(みんな20代!)

鍋日和となった肌寒さ感じる某日、中目黒駅前で待ち合わせです。

▲集合場所はおしゃれ〜な蔦屋書店前

「さむ〜い!早くあったかいもの食べたいよね〜」そんな会話で駅から歩くこと3分、着いた先は注目の一人一鍋 しゃぶしゃぶ専門店「しゃぶしゃぶ れたす」

「へーかわいい!お店に入る前からテンションあがるね」

看板には「一人一鍋」の文字

とりあえず撮影、スマホでパシャり

早速店内に足を踏み入れると、目に飛び込んできたのは女子ウケ抜群の「デトックスウォーター」。早くも女子の心を鷲掴み!

女子はデトックスウォーターがお好きです

着いたテーブルがこれまた気になる仕様。「一人一鍋、十人十鍋」、自分だけのひと鍋をどうぞ…なんて食べる前から贅沢感が漂います。

テーブルセッティングもやっぱり撮影

アナタだけにおもてなし「一人一鍋」は贅沢感と高コスパ!

気になるメニューは、2,800円〜のコースからお肉、農家直送野菜、前菜、鍋とも、〆ものがおかわり自由で、さらにさらにデザート付き!これは大変お得なのではないかっ!

店員さんの説明に真剣に耳を傾けるも、選択の種類が多すぎて悩みます…
今回は和豚のコース2,800円と黒牛のコース3,000円をチョイスしました。

続いて出汁選び。和風、エスニック、中華風と8種類もある出汁の中から、各自、自分の好きな出汁を選びます。好みの味を選べる楽しさにテンションMAX!今年注目の火鍋に、担々風、韓国風、トムヤムクンと、辛うま好きの女子も納得のバリエーションです。

そして、迷いに迷った結果「薬膳 麻辣火鍋」、「クリーミー豆乳だし」、「極み和出汁」を選択。

「クリーミー豆乳だし」は注いでいる瞬間から濃厚さが伝わってきます。その秘密は大豆!北海道産の大豆を使い、お店で豆乳にしているんだとか。これは食べるのが楽しみ♪

(ちなみに女性店員さんおすすめは「胡麻坦々だし」でやっぱり辛うま!男性店員さんのおすすめはシンプルイズザベスト!な「極み和出汁」だそうですよ)

鍋のプチストレスが解消!ストレスフリーな「一人一鍋」

さて、みなさん、鍋あるあるといえば、何を思い浮かべますか?みんなで鍋をつつく楽しさももちろんありますが、ちょっとしたプチストレスってありますよね。

・鍋奉行がやたらと仕切るプチストレス
・「あれ?このお肉は誰の?」と食べた&食べてないプチストレス
・自分のペースで食べることのできないプチストレス
・直箸アリ?ナシ?のプチストレス

ただ、「一人一鍋」ならこのプチストレスが一挙に解消されちゃうんです。なぜなら運ばれてくるお肉も野菜も全て一人分。これは誰のお肉?…なんて気にする必要がなく、食べることに集中できますよね。

「お肉がキレイ、1枚1枚が大きい」と喜ぶ女子たち

それもそのはず。豚肉は現地からチルドで、一度も冷凍させずに運んでいるのだそう。牛肉は40日間熟成させてから提供するというこだわり。

さらに野菜のこだわりは、野菜ソムリエのスタッフが選んだ、契約農家さんから届く新鮮な野菜。当日の入荷野菜が季節によって種類や産地が変わるんだとか。

写真は2人前、野菜モリモリ!

野菜の光を浴びて満面の笑みを浮かべる野菜ソムリエさん

いざ!しゃぶしゃぶ〜♪

いただきまーす!

店員さん曰く、しゃぶしゃぶの極意は「出汁は沸騰させず(80℃くらい)お肉をくぐらせる!」こと。すると、お肉がしっとり柔らかくいただけるそうですよ。

出汁の美味しさが肉に絡む〜

しゃぶしゃぶの様子もやっぱり撮影

ひと口パクリ。「んー!おいし〜い!」
好きな味や具材を心置きなく堪能できるため、思わず笑みがこぼれます。

至福の表情

充実しすぎて活用しきれない「たれ場」

「あれもこれも、いろんな味を少しずつ食べたいのっ!」と、女子のワガママを叶えてくれるコーナーがお店に存在しました。それが、29種類も様々な調味料が並ぶ「たれ場」です。

「え〜種類がありすぎて最低でも5回はたれ場に行きたい」
「オリジナルの調味料が作れるのがいい!」

と、完全に女子たちの心をノックアウト。

アレンジが無限大すぎる

たれの絡みが抜群になる「出汁落とし」
絶品たれを120%美味しく味わってもらうため、鍋にさりげない工夫がほどこされていました。
それが「出汁落とし」という湯切り場。

「出汁落とし」があることによって、出汁がダラダラとすることなく、たれの絡みも抜群に!心遣い感じる嬉しい工夫で、より美味しく、そして食べやすくなりますね。

彼女たちの胃袋に畳み掛ける…前菜に鍋とも、そして〆!

おかわりできるものは、お肉に野菜だけじゃありません。前菜、鍋とも、〆もおかわり自由。「〆は何にする?ご飯?麺?」なんて迷う必要なし!両方頼み、みんなで味比べも楽しいですね。

野菜チップス、生ハムのカルパッチョ「前菜充実!ポイント高い♪」

もちもち水餃子、おし豆腐、もちもち生麩 ちょこっとサイズも◎

終始大盛り上がり!あっという間に1時間半が経過しようとしていました。(2時間制なので注意です!!!) 最後の〆にも注目。雑穀米にグルテンフリーの麺と、最後まで女子の心を離しません。

〆だって自分好みにカスタマイズ♪

写真は豆乳雑炊。豆乳が固まりふわふわのお豆腐のような食感に。〆の雑炊もたれ場でさらにカスタマイズし、美味しさのハーモニーは幾重にも重なります。

最強の女子ウケポイント!残った野菜で作るスムージー

〆に続く〆はデザートと・・・
残った野菜で作るスムージー!!!
嬉しすぎるサービスに大興奮!!!

嬉しさのあまり乾杯♪

「飲みやすい〜 口の中をさっぱり爽快にしてくれるね」と、サラリとした味わいかつ、ゴクゴク飲めちゃう美味しさなんです。

「一人一鍋」の評価、それは“幸福度”の高さだった!

はじめは「一人一鍋」ってさみしくないの?と感じていた筆者。彼女たちの盛り上がりに、もはや「一人一鍋」だからこその盛り上がりを感じました。

・「この肉誰の?」という、鍋あるある解消
・気を遣わなくていいからストレスフリー
・好きな味や具材を心置きなく堪能できる
・想像以上の美味しさと楽しさ!
・結果、ひとり鍋は幸福度が高い!

いまや鍋はみんなで囲むものから、“一人一鍋の新時代”に突入。心置きなく鍋を堪能したいと思った方、ぜひ9月29日にプレオープンした(11月1日グランドオープン)「しゃぶしゃぶ れたす」に足を運んでみてくださいね。

しゃぶしゃぶれたす 中目黒店 住 所東京都目黒区上目黒2-12-1 アックスビル中目黒2階 電 話03-6451-2920 営業時間月〜金 ランチ11:30 - 15:00、ディナー17:00 - 24:00
土日祝 11:30 - 24:00 定休日不定休
しゃぶしゃぶれたす 中目黒店
東京都 目黒区 上目黒2-12-1