餃界の新境地!中目黒エリアで味わう「メキシカンな餃子&クラフトビール」がヒップでホップで悶絶級

写真拡大 (全17枚)

ライター紹介

塚田亮一
餃子の食べ歩きブログ「東京餃子通信」編集長。「餃子は完全食」のスローガンのもと、訪問したお店は1,000軒以上。首都圏を始め、宇都宮・浜松などのご当地餃子の街、さらには世界中の「美味しい餃子」を求めて食べ歩く餃子のスペシャリスト。食べあるきオールスターズ「食べあるキング」の餃子担当も務める。 ブログ

こんにちは、餃子専門ブログ「東京餃子通信」編集長の塚田亮一です。

最近、「餃子とワイン」や「餃子とシャンパン」の組み合わせを提案する新しいタイプの餃子専門店が増えていますが、これまで定番だった「餃子とビール」でもクラフトビールを推す新たなスタイルの餃子専門店に密かに注目が集まっています。

「とりあえずビール」で楽しむ「餃子とビール」ももちろん良いのですが、多種多様で味わいのクラフトビールの中から自分の好みに合わせた「餃子とビール」を探し当てるのはさらに深い楽しみがあります。

そこで、今回は餃子をクラフトビールが楽しめるとっておきの餃子店を中目黒からご紹介したいと思います。

クラフトビールが楽しめるストリートスタイルの餃子屋さん

今回ご紹介する「OHKA THE BESTDAYS(オウカザベストデイズ)」は、中目黒と池尻大橋のちょうど中間地点ぐらいの東山エリアに昨年オープンしたクラフトビールで餃界に新風を起こしている注目のお店です。

一見するとストリートファッション専門店のような店構えと「OHKA THE BESTDAYS」という店名から、勘違いして入ってしますお客さんもいそうな雰囲気ですが、こちらはれっきとした餃子の専門店です。

お店の入り口は開放感のあるテラス席になっていて、E.T.が出迎えてくれます。この季節にビールと餃子を楽しむには特等席ですね。

店内もおしゃれな小物で埋め尽くされ、スノーボードのビデオや、ノリの良い音楽が流れています。

そして「OHKA THE BESTDAYS」の魅力の一つがビールの品揃え

クラフトビールの聖地とも言われる米ポートランドの人気ブルワリーGigantic Brewingや、志賀高原の麓にある2百年以上の歴史をもつ酒蔵「玉村本店」が作るこだわりのクラフトビール「志賀高原ビール」から常時数種類のクラフトビールが取り揃えられています。

お店のオリジナルのビールタップが、またカッコ良い。

クラフトビール初心者の方もビールの注文に困ったら、スタッフさんにビールの好みと食べたい料理を伝えればオススメのビールを選んでくれるので気軽に相談しましょう。

何種類か飲み比べをしていくなかで、きっとお気に入りのビールが見つかると思いますよ。

老舗中華店の手作り餃子の味を継承

”GYOZA & CRAFT BEER”を掲げているだけあって、餃子の実力も確かなもの。

実は「OHKA THE BESTDAYS」の店主の板橋竜馬さんのご実家は、JR埼京線の十条駅近くにある老舗中華料理店「王華」。この「王華」は、皮から手延べで作る焼き餃子が人気で、餃子好きの中では知る人ぞ知る餃子のうまい店。私も何度か餃子を食べに足を運んでいます。

「OHKA THE BESTDAYS」では、この「王華」の味を継承した手作り餃子が食べられるのです。

まずは基本となる手作り餃子からクラフトビールとの相性を探っていきましょう。

焼き餃子用に薄く伸ばした皮を使い、ひだを深く刻んで、揚げ焼き気味に仕上げた餃子は、サクサクとした焼き目の食感とモチモチとした皮の食感のコントラストを楽しめます。

皮の中にはザクザクとした食感の残るキャベツとジューシーな豚肉が包まれています。シンプルな味付けですが野菜と豚肉の旨味がしっかりと感じられます。本家の味をベースにし、よりクラフトビールとの相性を考えた味に仕上げてあります。

そのまま食べても十分美味しい餃子ですが、塩とコショウで食べるのが店主さんのオススメ。コショウの刺激でビールがさらに進みます。

ベーシックなこちらの餃子に合わせたいのは、Gigantic SolidやMiyama Blondeなどの苦味が抑え気味でフルーティで爽やかな香りのビール。餃子の味をさらに引き立ててくれます。

クラフトビールと相性抜群のメキシカン餃子

ベーシックな餃子とビールでエンジンがかかってきたら、よりディープな餃子とクラフトビールの世界に進んでいきましょう。

次にご紹介したいのが「パクチーサルサ餃子」。カリッと焼き上げた手作り餃子の上にかかっているのはパクチーに玉ねぎ、トマト、唐辛子などを使った、とってもフレッシュで爽やかなサルサソース。

餃子にサルサソース。これまでに無い組み合わせですが、これが絶品。考えてみればメキシカンの代表格タコスと餃子との類似点がかなりありますよね。

サルサソースのパンチが効いたこの餃子には、ホップの香りがガツンと効いた志賀高原ビール Two Rabbit IPAがおすすめです。

続いてはオーブンから出てきた熱々のグラタン皿に乗っているのは「餃子&チーズ」。餃子の上に乗ったチーズの香ばしさと、濃厚な風味が足されて全く違った味わいに。メキシカン的に言えばブリトー風餃子でしょうか。これもビールが進みます。

さらに餃子の締めに食べたいのがメニューに“激ヤバ!!”と書かれている「パクチーズ餃子」。「パクチーサルサ餃子」のサルサソースが「餃子&チーズ」にどっさりとかかっています。これは反則!!こんなの旨いに決まっていますよね。

そして「王華」の味を引き継いでいるのは餃子だけではありません。麻婆風味にアレンジされたピリ辛の「肉豆腐」がまた旨いのです。こちらも「王華」の人気メニュー。濃いめの味にピリッとした刺激があり、中華な味付けなのですがクラフトビールとの相性もばっちりです。

味付けも濃く香辛料の刺激も強いので、Gigantic Ginormouのようなホップの香りとの苦みが強く個性的なクラフトビールと合わせても面白いです。

「肉豆腐」はをご飯にかけた肉豆腐丼としても楽しめるので、がっつり食事をとりたい時や締めにも良いですよ。

お店の雰囲気も、クラフトビールの品揃えも、餃子のアレンジも店主さんの遊び心とこだわりが感じられる楽しいお店です。

老舗の味を継承しつつ、クラフトビールで切り開く餃界の新境地をぜひ体験してみてください。きっと、餃子好きの皆さんにとってのTHE BEST DAYSになると思いますよ。

OHKA THE BESTDAYS
東京都 目黒区 東山
バル