ザテレビジョンのスペシャル連載第8弾は深田恭子/撮影=大塚秀美

写真拡大

週刊ザテレビジョン創刊35周年のメモリアルとして、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るSPインタビュー企画。

【写真を見る】デビュー当時から愛くるしさはそのまま!/撮影=大塚秀美

第8回には、“深キョン”の愛称で親しまれる女優・深田恭子が登場。1997年、中学3年生のときに女優デビューして以来、数多くのドラマに出演してきた彼女は、週刊ザテレビジョンと同じく35歳。「デビュー時は役になりきることも分からなかった」と語る深田は、約20年の時が経った今、どう変化したのか。

■ 憧れのテレビスターには今でも会うと素に戻る

近年、美しさとりりしさに磨きがかかる深田だが、“愛くるしさ”はデビュー当時から変わらない。しかし、10代のころのインタビューを見て「自分のことを“恭子”と言っていて恥ずかしいですね」と笑う。そんな彼女が芸能界入りを果たしたのは、中学2年生のときだ。

「父親の知り合いの方が勧めてくれた“ホリプロスカウトキャラバン”がキッカケでした。それまでは、テレビの世界は、自分とは懸け離れた“華やかな世界”という印象だったんです。自分がその中に入るなんて、想像したこともなかった。小学生のときが一番ドラマを見ていたんですが、当時は福山雅治さんが大好きで、福山さんが出ているドラマは欠かさず。ごくごく普通の小学生でしたね。なので、『ガリレオ』(2007年フジ系)で福山さんと共演したときは、当時の憧れを思い出して緊張しました。私が衣装で着けていたネックレスのチャームがズレていたみたいで、本番直前に“ズレてるよ”って直接、直してくださって。突然のことでビックリして顔が真っ赤になって、本番にいけなかった…ということもありました(笑)」

 福山雅治が大好きだったという小学生時代。福山出演作品以外では、日本テレビ系の土曜夜9時、通称“土9”に夢中だった。

「当時、土9枠で放送されたドラマを毎週楽しみにしていました。『銀狼怪奇ファイル』(1996年日本テレビ系)に出演していた宝生舞さんが大好きで。重ための前髪パッツンヘアが憧れでした。今も前髪に対するこだわりが強いのは、その影響な気がします(笑)。あとは『家なき子』(1994年日本テレビ系)の安達祐実さんも大好きでした。安達さんは、高校で1コ上の先輩だったんですよ。学校でお見掛けするたびに、感動してました。いまだにお仕事でご一緒すると、チラチラ見ちゃいます。自分がこの世界に入る前から活躍されている方にお会いすると、今でも素の自分に戻ってしまう。私って単純ですね(笑)」

■ デビュー当時の撮影現場は衝撃の連続だった

 テレビの世界の人に憧れ、影響を受ける。そんな普通の少女だった深田の連続ドラマデビューは、憧れの土9枠。ともさかりえ、篠原ともえが出演したドラマ「FiVE」(1997年日本テレビ系)だ。深田が演じたのは、物語終盤のキーを握る車椅子の少女・早苗。

「メーンキャストの方々が、いくつも現場を掛け持ちされていてとにかく忙しくされていたのが印象的でした。ドラマってこんなにも大変なんだって衝撃の連続。そのころの私といえば、役になりきったり、感情をセリフに乗せるのもよく分かってなかったような気がします。作品のテーストも重たかったので、“楽しい”という感覚にはあまりなれなくて。これが自分のお仕事になっていくのか実感を持ててなかった。仕事に対しての向き合い方が、子供でしたね」

「FiVE」出演から1年後、平均視聴率22.6%を記録したドラマ「神様、もう少しだけ」(1998年フジ系)のヒロインに大抜てき。HIVに感染した女子高生・真生を演じた。当時、15歳。この作品について「記憶の扉を普段は閉じています」と話す。

「この作品が終わった直後から、無意識に…。とても大切な作品ではあるんですが、当時の私にはストーリーが重た過ぎて、自然と閉じちゃったんだと思います。でも、この作品は全てを教えてくれた現場でした。人生で一番怒られたかもしれないです(笑)。一番印象に残っているのは、助監督さんに言われた“代わりはいくらでもいる”という言葉。当時は、“それなら別の人が演じたらいいのに”ってひねくれちゃったりもしましたが(笑)。今はこの言葉のおかげで、“代わりはいる中でも、自分に役を振ってくれた”という真摯な気持ちで役と向き合えています」

「神様、もう少しだけ」の翌年には「鬼の棲家」(1999年フジ系)でドラマ初主演、そして「to Heart〜恋して死にたい〜」(1999年TBS系)では、堂本剛演じる時枝ユウジにいちずな恋をするヒロイン・三浦透子を演じた。

「この作品で初めてくらい、明るいコを演じたんです。それも影響して、現場に対しても明るい気持ちで臨めて。このとき自分が役に引っ張られるタイプだと気付いたのかもしれません。物語も少女マンガのような爽やかなときめきのある作品。透子のセリフ“愛はパワーだよ”は、今もいろんな方に“好きです”って言ってもらえて、ありがたいです」

■ 共演者との忘れられない今でも大切な思い出

 その後、「イマジン」(2000年フジ系)で黒木瞳とW主演、「フードファイト」(2000年日本テレビ系)と次々とレギュラー出演。

「『フードファイト』は宮沢りえさんがあまりにも美しくて、まぶし過ぎました。当時、りえさんが私のことを“プリンちゃん”と呼んでくださっていたんですね。でも一緒にいるだけで感激してしまって、あだ名の由来を聞けなかったんです。最近、久しぶりにりえさんとお会いする機会があって、その話をしてみたら、もう17年も前のことなので覚えていらっしゃらなくて。いまだに謎ですね(笑)。でも私はりえさんにあだ名で呼ばれたことが本当にうれしくて、今でも鮮明に大切な思い出として残ってます」

 デビューからテレビ界の第一線で、さまざまな作品に出演を続ける深田。久しぶりに会う共演者とは昔話に花が咲くことも。最近では2018年公開の映画「空飛ぶタイヤ」で長瀬智也と8年ぶりの現場も。長瀬とは、「ふたり 私たちが選んだ道」(2003年)、「彼女が死んじゃった。」(2004年)、「華麗なるスパイ」(2009年、全て日本テレビ系)、と数多く共演している。

「長瀬さんとお会いすると、よく『ふたり―』のときの話が話題に上るんです。今回の映画の現場でも、当時の私のセリフをマネたりして。言い方で印象的なものがあったみたいで。でも私はあんまり覚えていないんですよ(笑)。それが何だか恥ずかしくて、長瀬さんが話していても“え〜?そんなことあったかな〜?”ってはぐらかしちゃいました(笑)。出演させていただく作品が増えていく中で、共演者の方とこういうお話ができるのも、デビュー当時の私には想像できなかったですね」

■ ヘアメークや衣装が与える役との思い出

 自身が出演するドラマ記事を懐かしそうに眺めながら、「あっ!」とうれしそうに指差したのは、「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」(2001年TBS系)。滝沢秀明主演で高校生4人の“永遠の片思い”を描いた本作で、深田は赤いリボンのセーラー服を着ていた。

「この制服、今もTBSさんの作品を見ていると出てきたりするんですよ。それに気付くと、テンション上がっちゃいます。それこそ、出演させていただいた『下剋上受験』(2017年TBS系)にも出てきて。ついうれしくなって、阿部サダヲさんに“私この制服、着ていたんですよ”って報告しちゃいました。サダヲさんは“あぁ、そうなんだ”って戸惑ったリアクションでしたけど(笑)。母校の制服に近いような、不思議な感覚です」

 衣装やメークは役を演じる上で、大きな要素。深田自身もこれまでさまざまな衣装やメークで、視聴者に役を印象づけた。「富豪刑事」シリーズ(2005年ほかテレビ朝日系)の神戸美和子役では、ゴージャスで優雅なスタイルも見る人を魅了した。

「このとき地毛はショートカットで、耳より下はウィッグをつけて。私が現場に入る前までにメークさんがウィッグ部分の髪をきれいに巻いてくれていたので、あのゴージャスな髪形でも現場に入ってから撮影まで準備時間は30分もかからないくらい。メークもこのときは自分でやっていたので早かったですね」

 自身で行っていたというメークは、“好き”という理由のほか、役に入り込むためのものでもあったそう。

「もともとはデビュー当時、先輩女優さんたちがメークバックを現場に持って自分でメークをしているのをよく見掛けていたんです。それに憧れて…。でも、最近メークさんにお任せしています。自分が好きなメークをしたところで、それは役に入ることとは違うなと思うようになったんです」

 女優デビューから20年たった今も、ドラマ・映画でヒロインを務める深田。今後の目標を聞くと「特に決めずに、そのとき与えていただける役に向き合っていきたい」と語る。これは、2008年に「未来講師めぐる」(テレビ朝日系)に出演した際のインタビューでも、自身の20年後について同様の発言をしていた。

「同じこと言ってますね(笑)。でも、本当にこのころと気持ちは変わらないです。今から20年後に、自分がこの仕事を続けているのかもハッキリと想像できないですし…。目標に向かうというよりも、そのときの自分にできることをしっかり積み重ねて未来にたどり着いていたいです」